丸の内朝大学映画コミュニケーション World Premier


夜の日比谷公園。

この中で開催された、映画上映会に行ってきた!

丸の内朝大学の映画コミュニケーション科の卒業制作発表会みたい、な感じ。


シェアメイトが通っていて、話を聞いてたから、興味シンシンで(^.^)


朝大学。
出勤前の1時間、早く起きて通う。

そうまでしてしたいことがあって、会ったばかりの人たちとチームになって、真剣に何かを作る雰囲気、やっぱり素敵だな〜♪


私も映画を作ってみたくなった…w


そういえば、チアリーディングクラスの発表もあったのだけど、あのテンションで朝から踊っていると思うと、それもスゴい。

私ももっとハツラツと朝をすごせるはずっ、、、ですとも (^_^;)


いろんな意味で刺激をもらえたな〜。

世の中の闇とどう関わるか

 

暗いニュースをみたときに思いだす話がある。

数霊の先生の言葉。

数霊とは、言霊:言葉に魂があるように、数にも魂がある、という学問。


その数霊の講演会のとき、世の中の暗い面を感じたときにどうしたらいいか、という話もでた。

「深刻な考えにとらわれずに、思いっきり今を楽しむことだよ。キラキラとした明るい”気”をどんどん空気のなかに送りこむことだよ。」

「深刻な考えにとらわれて重い”気”をふやすと、その闇を増長させることになる。それよりもこうなったらイイナ♪という夢を描いて、そこに楽しみながら向かう方がいい。」

というような話だった。


個人の力で今すぐにはどうしようもないことに関しては、ただ無力感にとらわれて暗い気持ちになるよりは、明るい気持ちで、今、自分のできることを楽しみながら一生懸命した方がいいんだよ、という意味合いだったと思う。


私は、人が抱く意識の影響力について、その当時よりも分かってきたから、あらためて「なるほどな〜」って感じる。


Institut français

前から気になっていた、アンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院)へ行ってきた♪

フランス語を習ったり、フランス文化に触れたりできるところ。



庭。松が生えてる。


入り口


廊下


こんな教室もあった


ラブラスリー(院内のカフェ)、美味しそうでリーズナブルだった。オシャレだし!
今度は利用したいな。

フランス気分を味わえる。プチトリップしたみたい。


神楽坂さんぽ


『まかないこすめ』の店先が涼しげ。

今日は友だちが前に住んでいた、神楽坂へ。

10年、東京で働いていた彼女は、来年には宮崎に帰るかもしれない。

その前に、こちらで行きたいところに行っておきたいね、と。


私にとってもここは思い出ぶかい場所。

九州から出てきて、初めて友だちの家を訪ねたとき、懐かしい日本風情と、フレンチテイストが混ざりあった神楽坂の雰囲気に感動したもんだしw。


震災のすぐあと、九州に帰った方がいいのか悩んでいたときも、この町を歩きながら色々話したっけね。


路地に入ると、石畳の道が


来たときには必ずお参りする、赤城神社

20130721_234502.jpg
日仏学院の本屋さんの前で。フランス気分♪

パスタ・マラソン!?

今日は、シェアハウスと同じ敷地内にある方のお宅でパスタパーティーのような集いが。

10種類くらいのメニューのなかから好きなものを注文すると作ってくださる、という夢のようなシステム!

7,8人で分けるから、たくさんの種類が食べられる♪

これ全部(゜o゜) ↓


夏の冷製パスタ


カルボナーラ


ボンゴレ・ビアンコ


ブッタネスカ


納豆パスタ


チョチャーラ


この他に生ハムサラダも。

すごい…。

シェフたちは、ほぼ3時間立ちっぱなしでお料理してくださったのでした〜(+_+)マラソンのよう。。。

どれもこれもすっごく美味しかった♪ ありがとうございますっ
<(_ _)>


 

私は言葉が好き。

20才そこそこの頃、友だちと将来のことなど話していて、「私は言葉を使って何かする気がする」と言っていたのを覚えてる。

書く言葉で考えたとき、軽い会話とか事務的な連絡の文章ではなく、考えたことや気持ちを文にするときは、なかなか書きはじめられなくて苦痛なときもあるし、時間がかかることが多い。

文を書くのが苦手なのではないか、と感じることもあったけれど、今は、それだけ思い入れがあるってことかな、と考えてる。


ホロスコープで読んでも、私と言葉の関わりは強い。

ただ、今まではそれを、”強いこだわりや研究”を通してという解釈をしていた。


ところが、最近わかったのは、”詩”という表現方法もありだってこと。(ひらけゴマ!
しかもそれは、どんな仕事で力を発揮しやすいか、という面だったから驚き。。。

実は、私は詩を書くのが好き。

いつからかは分からないけど、ときどきノートの端なんかにふっと思いついた言葉を書きとめたりしていた。

自分でもすっごく気に入ったものが書けて、詩を書くことをハッキリ意識しはじめたのは、中学生のころだったと思う。

でもそれは密かな趣味にすぎない、ってついこの前まで思ってたんだよね。
気まぐれのようなものだと。



仕事で詩的さを活かしてみる試み。まだぜんぜん具体的には思いつかないけど、なんだかワクワクするから、”あり”ってとこからはじめたいと思う。

もちろん、占星術やタロットもますます深めていくつもりだから、それとあわせて。


こんなことを妄想していた次の日の朝、親しい方からこんなメールをいただいた。はずかしくも感じるけど、了解をいただいたし、せっかくだからほぼ原文のまま抜粋。

「今日は、とても不思議な夢を見たので、メールします。chieさんが、今、輝いている女性という内容のTVに出ていて、占いではなくアーティストとして紹介されてました。とても不思議な夢でしたので、メールしました。〜省略〜 何かまた新しい扉、世界に羽ばたく象徴なのかな?と感じました」


Yちゃん、タイムリーで素敵なメッセージ、ありがとう☆

ひらけゴマ!



占星術とタロットをはじめてから、ずいぶん自分のことを分かってきてると思うけど、あたらしい発見はつづく。

何となく知っていたことでも、それがお腹の奧のほうにズシンと、”腑に落ちてきた”ときの衝撃は、新発見と同じくらいだと思う。


今、適職を読み解く占星術の技術を学んでいる。
これまでの知識からも仕事面は読めるのだけど、この方法はもっと精密なもの。

それで見つけた、仕事で活かしたい私の、ある衝動。
私にとってはひそかな楽しみだけど、まさか仕事に活かせるとは思っていなかったこと。

でも、新しく学んだ定理にのっとって、ホロスコープの星の配置を読み解いていけば、たしかに、そのように在るものだった。


「それを仕事として活かせる可能性があるんだ〜!」と理解したとき、頭のまわりをおおっていた薄い膜のようなものが、パチンっと弾けたような気がした。

深く息ができる。届いていなかった毛細血管にまでちゃんと酸素がいきわたったような感じ。



それが一昨日くらいなんだけど、昨日の朝、前に星科プログラムを受けてくださり親しくなった方からメールが届いた。

私の夢をみた、とのこと。
私は彼女は直感力が強い人だと思ってる。


その夢の内容は、私にとっての新発見とつうじるものだった。。。
そして彼女は、新しい扉がもう開いていますね、と書いていた。

繋がっているな〜ってことも、夢の意味も、いろんなことが面白くて、なんだかワクワクしてる。


※つづき→



*****

☆HP:惑星ノート『ハプナ祭り終わりました その1』更新しました☆

OSTERIA IL LEONE

オステリア イル リオーネ(食べログ) 事務所の近所のイタリアン。

今日はフォーカシングの友だちとランチの約束だったので、ふだんだったら行かないお店にしてみた。

彼女と職場が近いとは知らなかったとき、横断歩道ですれちがったときはちょっと驚いたっけ。



サラダ 爽やか


友だちのメイン コーンと鶏そぼろのパスタ


私のメイン 鯛のムニエル


エスプレッソ


おしゃれで美味しかった〜♪

カウンターだと、お料理をつくるところも見れておもしろい。

大きなオーブンのタッチパネルに興味をひかれた。

ぜんぶ絵で示されているから分かりやすいな〜って思って。

ブロッコリーとアスパラガスのペースト

野菜をどうやって保存しようかな〜と考えて、ブロッコリーとアスパラガスを茹でて、ペースト状にして冷凍してみた。

これがけっこう便利でおいしくって満足



豆乳をまぜて冷たいスープ 黒い粒はブラックペッパー



ニンニクとベーコンとあわせてパスタ



ネオンカラーの

 

ハプナ祭りでの、”さちえタッチ”

オリジナルの肩もみとかあんまさん、という説明でいいのかしら。。。とっても気持ちよくて効く。

そして、体に触れて感じるイメージを教えてくれたりもする。


私のなかにあったイメージ、たくさんあるけど、色について覚えているのは、

『雪が降った冬の朝のようなキリリとした空気感、それはたぶん透明なクリスタルのよう』

『オーロラみたいに自在に動くものもあって、それは深みのあるネオンカラー』


そういえば、ちょうどこの日に作ったリボンレイのビーチサンダルは華やかで濃いピンクとブルー。

していただいたネイルは、透明とグリーンのラメ。

なんとなくこれがいい!と選んだ色なんだけど、今も気分にぴったり合ってて、元気をくれる。



ネイルした足で、作ったビーサンをはいた足元をしげしげと見てて、ようやく、さちえさんが教えてくれたことを思い出したんだよね。

おお、自分のなかにある色をやっぱり選んでるんだな〜って。