イルカのように



この前、ネットサーフィンをしてたら、”ドルフィニスト”という言葉にいきあたった。

イルカのように毎日を楽しんで暮らす、という考え方みたい。


そのイルカのイメージは、


穏やかで人なつこく、知性がある

ハートがオープンで子供のように無邪気 

自由で軽やか 

感性が豊かで神秘的

受け入れ、やさしく寄り添ってくれる

ダイナミックで遊び好き

執着せず、自然の流れにゆだねている


そんなふうでいられたらいいね。

(制約の多い社会でくらす”ヒト”は、知らず知らずに心のなかに溜め込んだ枷(かせ)を、外していく必要があるけれど)



わたしが野生のイルカとはじめて出会ったのは大学生のとき。

ダイビングクラブの夏合宿、大阪港から那覇港へフェリーで向かっていた。


夕暮れどき、ふいにあらわれたイルカの群れが船をとり囲む!

フェリーが走るときに立つ波に乗るのが好きみたいで、

船の横にぴったりと寄り添うようについてくる、たくさんのイルカたち。

とても楽しげで軽やか。

笑っているようなまなざしと視線が合ったりする(とても近くにいた)


その群れは、けっこう長く船と一緒に泳いだあと、去っていった。

ふりかえると、あざやかな朱色の夕日の中、2頭ジャンプするのが見えた。

バイバイという合図みたいに。



このときのワクワクした気持ち、今でも思い出すな〜。

夏の、贈り物のような時間だった。

ルピナスさん


(『ルピナスさん』バーバラ・クーニー著・ほるぷ出版)


すこし前の休日にぶらぶらと散歩をしていたら、童話のような雰囲気のパン屋さんをみつけた。

いったん通り過ぎたけど、やっぱり気になって入ってみる。

ラ・ブランジュリ・キィニョン けっこう有名なお店みたい。

ストロベリークリーム・コロネもスコーンも美味しかった〜。

奧のカフェコーナーには絵本がおいてあって、子供部屋みたいな雰囲気。

表紙にひかれて『ルピナスさん』を読む。


実家には絵本がたくさんあり、よく読んでいた。

久しぶりに絵本を読んで、やっぱりいいな〜と思う。


絵と簡潔な言葉とで綴られる世界。

説明が少ないから、想像力が広がっていく。


『ルピナスさん』は、世界をよくするって、ささやかなことからなのかもしれないな〜、なんて感じる本だった。




私らしさをあらわす言葉 その2



私らしさ、をあらわす言葉

昨日の話題!? ええそう、まだ考えてる 笑)

ユニークさ、と思ったけど、それも”自分らしさ”と訳せそうな感じ〜(>_<)

と、まだまだ絞り込みたい。


そしたら、”詩心” ”遊び心” という言葉が浮かんできた。

(こうくると、なにかを判断するときの基準というよりも、単に私らしさをあらわす言葉かも)


押さえるところは押さえているんだけど、

どこかに外した雰囲気があるような。

行間や裏側にただよう何かがあるような。


そういうのが好きな気がする。


これって、イベントの告知だったら、分かりにくくなりそうだねw

私らしさをあらわす言葉って



”なにかをどんなふうにするかを決めるとき、基準にするものはなんだろう?”という話をしていました。

とくに、イベントのご案内の仕方とか、洋服の着こなし方だとか、自分を表現する要素が強いとき。


ある人は「自分にとってかっこいいかどうか」

ある人は「自分にとって素敵かどうか」

おもしろいな〜と思って、私はどうかな、と考えていたら、

「私らしいかどうか」かなぁと浮かんだ。


でも〜、「かっこいい」も「素敵」もその人らしさをあらわす価値観だよな、と思ったら、 「私らしい」よりももっと絞りこんだ言葉が欲しくなるw

「私らしい」価値観をあらわす形容詞はなんだろう〜?

まだ考え中。。。

ペルー料理パーティ♪



昨日の夜は、住んでいるシェアハウスでペルー料理パーティ ♪

ペルー人のシェアメイトがお友達を誘って、料理を作ってくれた。

これが、すっごくすっごく美味しい☆


タコやチキンと野菜のサラダ ドレッシングが最高!! 

クリームチーズソースがかかったポテト

チーズクリームをかけて食べるピラフ

細かく裂いたチキンが入っている煮込み



マッシュポテトにのせて食べるビーフシチュー

カラフルでポップで色々なフルーツの味がするムース


などなど。



↑ ちゃんと名前を覚えられなかった〜(>_<)

私の記憶にある料理で例えたから、正しく伝わらないかもしれないなぁ…ww

デザートの名前はたぶん、ゼラチン・デ・ラ・ファンタジアだったか。
こちらはブラジルのスイーツだそう。


昨日山ほど食べたのに、また食べたい!


たくさん作ってくれたのでけっこう残っていたのですが、今日の夜帰ってきた時にはすっかり平らげられていたよ((+_+))笑


作りすぎても、次の日には遠慮なく残さないように食べちゃう健全なシェア生活が好きですw


ペルーとブラジルの方たち、気さくで陽気な雰囲気にしてくれて、めちゃくちゃ楽しかった。

ぜひまたしましょう(^^♪

人も植物みたいなところがある



たとえばタンポポだったら、綿毛が飛んできて土に降りてきたら、あ〜次は芽がでるなぁ、と

芽がでたら、これからスクスク伸びるな〜、と

スクスク伸びて蕾がついたら、花が咲くな〜、と、それから綿毛になって、

そして、その時が来たら風にのって飛んでいく。



人の心と体も、目に見える変化は少ないけれど、こんなふうに、植物のように成長していくステップがある。

頭で考えると、急ぎ過ぎたり、慎重になり過ぎたり、しがちだけど、

たぶん心と体はいま何が必要なのか頭よりもよく知っているの。

たくさん太陽の光を浴びたり、水を吸い上げたりすることが必要なときは、自然にそうしたくなるから。



私は、去年はとくに占星術やタロットのお仕事で、はじめてのことがたくさんで準備したり段取りを考えたり、していた。

根を張り、茎を伸ばしていく時期だった気がします。


今年はちょっと落ち着いて、蕾をふくらませていっているような感じかな〜。


いつも思うんだけど、関わってくださる方の光や水分や愛情で育てていただいています。

ありがとう(^^)



*****

ここからは告知(^_-)

ワークショップでお会いして以来、親しくさせていただいているマリンカさんとやぎ座会をします!

マリンカさんのブログ

やぎ座の方、興味あればご一緒しましょう♪

今回はやぎ座の方限定にはなるけれど、すべての星座の方、ご希望があれば開催しますよ〜☆

キムチちぢみ


昨日の夜は、住んでるシェアハウスのラウンジで、留学生の方たちがお食事会をしていた。

本場韓国のちぢみをごちそうになりました。

キムチがたっぷり入っていて、ちょっと辛くて美味しい。


これを焼いてくれた女の子たち、ちょうど半年くらい前に来て、まだ日本語に慣れていないせいか、無口ににっこりと微笑むおとなしいイメージがあったのだけど、

昨夜はさまざまな国から来た方たちと、かなり上達した日本語で元気に話してた(^^)、すごいな〜。

自分の国以外の言葉を話せるっていいな。

私もまずは英語を・・・!

おせっかい、がすき


たぶん私はおせっかいなんだと思う。

前にも友人とそれで大笑いになったことがある。ヒーリングハウスハプナのブログ

友達はセラピストとして、私は占星術やタロットをつかって、ご相談にのる仕事をしているけれど、なぜその仕事が好きなのか、って話をしていたとき。

もちろん冗談で大げさに言ってはいるけど、あながち外れてもいない。

人が好きでちょっかい出したいけど、唐突にそれするととヘンな人と思われる。

だけどセラピストや占い師だったら、おおっぴらに首つっこめるでしょ?笑 ってね。

(占いが運勢の「良い・悪い」を決めるものなら、私がしているのは占いじゃなくてどちらかというとカウンセリングやコンサルテーションだけど)



おせっかいって調べてみたら、同義語に”ちょっかい”ってあった。

それで、実は今回書きたかったのは、”ちょっかい”の語源についてだったりする。

”ちょっかい”って、猫が手でなにかを引き寄せるしぐさからきているんだそうです。

あのしぐさ、かわいいよね♪

ヒーリングフードオラクルカード


友人のMeguちゃんがつくったヒーリングフードオラクルカードが手元に届きました☆

amazonのサイト


とてもキレイなカード。

カードにはレシピが載っていて、ついている冊子にはそのカードのメッセージが詳しく書かれてる。



いちばん最初に引いたカードは、Fluedity"流動性"

そのメッセージをひとことで言うと、

「変化を受け入れてフレキシブルに動く」、かしら。



今の私にはピッタリなのでした。



胸の奥底に湧きあがる変化を求める気持ち。

いままで留まっていたところから動きだしたい、ような、不安、なような。



でも、これまでを振り返ってみると、何か新しいことを始めるときは必ず不安だった。

不安と一緒にいながら、ちょっとずつ足場を踏み固めてきたんだよね。

その積み重ねで、だんだん安心が大きくなっていく。



今、私のなかで動き出したもの。

変化の先に、求めている場所がある。

そこに届くような一歩を、踏み出すときなのかもしれないね。
 


ちなみにレシピはガスパッチョ!

流れにのるサポートをしてくれる冷製スープ♪ つくって飲も〜っと。

前世の記憶


友人のセラピスト、マリエさんのブログを読んでいたら、ある記事で、ふいにトリハダがたって体が震え、動悸までしてきました。

それは、ヒプノセラピーの体験談なのだけど、前世が地球外の星の方のお話。

こちら→ヒーリングハウスハプナさんのブログ

なにかあるのかな〜??


私は以前、波動が読める方から、「波動が変わっている、地球外から来たのでは?」と言われたことがあるの。

そうなのかな・・・、とわりと真剣に考えだしている今。 笑 フシギ。