貴婦人と一角獣

 

7月15日まで新国立美術館で開催中の、貴婦人と一角獣展に行ってきた!

大きなタペストリーが6枚、円形のホールにぐるりとかけられている。

落ちついた感じの赤い色に部屋のなかが染まっている。

見どころ美術館のHP


城で発見された6枚のタペストリーのあらわす意味は謎につつまれているそう。

ひとそろいで何かを意味しているとは考えられている。

たとえば、
◇人の精神的な成長
触覚→味覚→嗅覚→聴覚→視覚→第六感

五感の中でも、近寄らなければ分からないところ(さわる)から始まり、だんだん離れて感じる、そしてすべてを理解する(第六感)。


いくつかほかの解釈があるみたい。

貴婦人の表情も、見る側の気持ちで変わっていくようにも思える。


つくられた当時、お城のホールにかけられている様子を想像する。

そこにいた人のことも。。。

当時のヨーロッパの人たちが、五感と第六感とをどう考えていたのかにも興味わくな。


Ryukyu Song



むしむしと暑くなってきた。

この曲、夏の夜の気分にピッタリで最近よく聴いてる。

そうそうこの前、路上ライブではまった人w。

ヴァイオリンの音色、やっぱりいいな〜。。。



今日と明日は、横浜石川町のヒーリングハウスハプナさんで七夕祭り。

おひまだったら遊びに来てね(^_-)♪

詳細はこちら→ハプナさんのブログ




砂漠ラクダノート

 

先日、時間をつぶそうと入った文房具屋さんで気になるノートを発見!

→ ミドリカンパニーのHP


すこし前に、持ち運びにちょうどよいサイズのスケッチブックが欲しいな〜、と思っていたところだったので、買っちゃいました(^^)


”砂漠ラクダノート♪”

こんなマークが入ってる ↓ 





子どものころ、工作したり絵を描いたりするの好きだったな。

好きなコト、気になるコト、気軽にとりかかってみようと思う。

お気に入りのカップ

 

これは、私のイメージ、と親友がプレゼントしてくれたカップ。

とっても気に入ってる。



私、こんな感じ?

自分では分からなくても、誰かの目にそう映っているならうれしいかも。



へこんだときでもこのカップを思い浮かべると、ちょっと楽しくなってくる。

ヒーリングフードオラクルカード


友人のMeguちゃんがつくったヒーリングフードオラクルカードが手元に届きました☆

amazonのサイト


とてもキレイなカード。

カードにはレシピが載っていて、ついている冊子にはそのカードのメッセージが詳しく書かれてる。



いちばん最初に引いたカードは、Fluedity"流動性"

そのメッセージをひとことで言うと、

「変化を受け入れてフレキシブルに動く」、かしら。



今の私にはピッタリなのでした。



胸の奥底に湧きあがる変化を求める気持ち。

いままで留まっていたところから動きだしたい、ような、不安、なような。



でも、これまでを振り返ってみると、何か新しいことを始めるときは必ず不安だった。

不安と一緒にいながら、ちょっとずつ足場を踏み固めてきたんだよね。

その積み重ねで、だんだん安心が大きくなっていく。



今、私のなかで動き出したもの。

変化の先に、求めている場所がある。

そこに届くような一歩を、踏み出すときなのかもしれないね。
 


ちなみにレシピはガスパッチョ!

流れにのるサポートをしてくれる冷製スープ♪ つくって飲も〜っと。

植物の実のような

 
最近見つけてすっかりはまってしまったのが、MURDER POLLEN のアクセサリー♪

展示会で、素敵だな〜と思って、見るだけのつもりで何度か通ううちに…
どうしても身につけたくなってピアスを買ってしまいました。

野生の匂いと、上品さと、型にはまらないユニークな感じが好き。

とくに気に入ったこのピアスは、ラブラドライトという石でできています。

ラブラドライト

あとで意味を調べてみたら、宇宙の叡智とつながるパワーを持つ、らしい。
それも、なんだかうれしいね。