嵐の夜

今日は台風接近のため、予定を中止して家で過ごした。(まだ嵐にはなっていないけど)

夜は、シェアメイトたちが作ってくれた夕食をみんなで一緒に食べる。
ホッとするし、たのしい♪



そのあと、ドラマ『半沢直樹』ファンはテレビのまえに集まり、真剣な番組鑑賞w。



CMのあいだはゆる〜い雰囲気なのに、ドラマがはじまると姿勢を正して、息を飲んだり歓声をあげたりしているのを見ているのも面白かった。



みなさま、台風が過ぎるまで、気をつけて過ごしましょうね。




パスタ・マラソン!?

今日は、シェアハウスと同じ敷地内にある方のお宅でパスタパーティーのような集いが。

10種類くらいのメニューのなかから好きなものを注文すると作ってくださる、という夢のようなシステム!

7,8人で分けるから、たくさんの種類が食べられる♪

これ全部(゜o゜) ↓


夏の冷製パスタ


カルボナーラ


ボンゴレ・ビアンコ


ブッタネスカ


納豆パスタ


チョチャーラ


この他に生ハムサラダも。

すごい…。

シェフたちは、ほぼ3時間立ちっぱなしでお料理してくださったのでした〜(+_+)マラソンのよう。。。

どれもこれもすっごく美味しかった♪ ありがとうございますっ
<(_ _)>


シェアハウスのように地域で暮らす方法

 

週末の夜、住んでいるシェアハウスの共用のラウンジで、

1. 高度成長期につくられた団地のなかで増加している孤独死を防ぎ、団地の構造を生かして魅力ある町づくりをするには。

2. 人が”溜まる”ことで生き生きとした文化やアイデアを生み出せるような住まい方と、それを可能にする建物。

というプレゼンを、それをお仕事にされている方から聴いた。


プレゼンをする人も聴いている人もシェアメイトなので、リラックスした雰囲気。
「こんなこと言うと恥ずかしい」とか遠慮もしないでいい感じがした。

聴いていた人たちは、それぞれ違う仕事をしていて、年齢もバラバラ。
プレゼンの後は、それぞれの視点から自由に思ったことを話す。



しゃべり場みたいで楽しかった。内容も、すっごく興味深く思った。

エレベーターもなく高齢化が進む団地がこのままになっていると大変だってことと、それでも発想を切り替えることで、ワクワクした未来を描けるんだな、ってこと。

ただ箱としての建物ではなく、人が交流して何かを生み出せるシステムを持った住まいを提供すること、さまざまなコンセプトの面白さ。

もちろん、新しいアイデアを現実化させるにはまだまだ試練はあるみたいだけど。。。


時代の流れと人の意識の変化についてはよく考える。

建物を通して、どう暮らすかを具体的にデザインして考えるのは新鮮だった。そして、やっぱり意識と現実は時間差はあるけれど、一緒に変わっていくものなんだな〜と思う。



ひとり暮らし

 さいきんシェアハウスを出て、ひとり暮らしをはじめたシェアメイトの家に遊びにいった。

シェアメイトだった人って、家族と友人を合わせて、”なにか”足して割ったような、なじみのある感じ。”親戚+” くらいかなぁ?笑

みんな仕事帰りだったから、食事とかは軽くする予定で。

ジャガイモを焼いてくれる、と言うので、本気でただ焼いたジャガイモを期待していたら、、、

なんて美味しそう♪ グラタンぽいのが出てきた。

焼いた生ハム、チーズもトロッとしていい感じw ジャガイモほくほくで美味し〜☆



買い込んできたw お菓子の山 しあわせ♪

タカノフルーツパーラーのゼリー、はじめて食べたけど、美味しかったぁ。
ゼリーとプリンが二層になっていて見た目も綺麗。

私が食べたのは、パッションフルーツのゼリーとグレープフルーツのプリンの組み合わせ。

スイカゼリーと杏仁豆腐の組み合わせも気になったな〜。



まったり楽しかった!また遊びにいくね(^_-)

浴衣

 

先週の週末に、着付けクラブ。

住んでいるシェアハウスとおなじ敷地内にある集合住宅の先輩がたに教えてもらう。

昨年はまったくはじめてのところから浴衣の着付けを習った。

冬のあいだに着物を練習して、また浴衣に戻ったら、ちょっとだけ簡単に感じた。

すこ〜しは身についたかなぁ。。。

水やり

 

今朝は、シェアハウスの菜園で作業。

キュウリの茎を支柱に結びつけたり、

たくさん生えすぎたルッコラ、ズッキーニ、トマトを間引いたり。


水やりは、いつも湿っている状態よりも、一回水をたっぷりやったら、表面がカラカラに乾くまでは待ったほうがいいらしい。

カラカラになると植物が生きよう!という気分になって、がんばって花を咲かせるそう。

編み物クラブ

 

今日は、住んでいるシェアハウスと同じ敷地内に建つ別の共同住宅(シェアハウスではない)の食堂で編み物クラブがあった。


不定期にほぼ月に1回ある気軽な感じの会。

お茶を飲みながら、人生の先輩にあたる女性たちに編み物を教えてもらう。

編み物はひとりでするのも好きだけど、難しいところや新しい編み方を実際に教えてもらえるとスムーズにいきやすいし、おしゃべりも楽しい(^^)

さみしさ

 

ふつうに暮らしているよりも、人の出会いと別れが多いシェアハウス。


今日は、よく一緒に遊んだりご飯食べたりしていた友達が引っ越していった。

住人としては最後のランチをいつものラウンジで一緒に食べて、なんとなくグダグダ過ごして、そして、サヨナラ。



『辛さや心の痛みとつながっている、悲しさ、とちがって、

さみしさ、は、大切な何かがそこにあったからこそ感じるもの』

と誰かが言ってたな〜。

その意味がよく分かる。


見送りながらつよく感じていたさみしさは、楽しく心が通い合う時間がたくさんあったから。


たとえば、さみしさを感じたくないから、はじめから深く関わらなかったとしたら、楽しく豊かな時間も味わえなかっただろうね。


だから、さみしさを今はゆっくりと味わって、楽しかった時間と同じように大切にしたい。

そして、これからの新しい関わりを育てていけたらいいな。

今夜もお別れ会

 

今夜もシェアメイトの送別会。

彼女は韓国からきて日本でデザインの勉強をしていた。

今年の春、就職が決まって明日引っ越していく。。。


シェアハウスに住んでから、出会いと別れが多い。

そのたびにさびしくなるけど、その繋がりはなくなるわけじゃなくて、広がっていくように思える。

今日も前に住んでいた子も来てくれて、たくさん食べてたくさんおしゃべりした。


また会おうね(^^)

出会いと別れの会

 

今夜は、住んでいるシェアハウスの歓送迎会がありました。

前に住んでいた人たち、新しく入ってきた人たち。

たくさんの人が集まって一緒にご飯を食べ、自己紹介をして、おしゃべりをする。

ただそれだけの会なのですが、温かく親しげで楽しい時間。


同じ空間をシェアして暮らすことで出来るつながりって不思議です。

家族のような友達のような、でもどちらだけ、ってわけではない感じ。