KAERUCARD




昨日は元シェアメイトたちとご飯会。

馴染んだ親しみと、新しい何かを始めていたりする刺激と、いつ会ってもうれしい仲間。


こんなときによく登場するのが、“KAERUCARD” ホントの自分にカエルカード。

宮崎を出る時に友だちが贈ってくれたオラクルカード。

弾むような語感と気さくな雰囲気が気に入っている。

昨夜私が引いたのは“意欲”

あれこれ考えるより、いま手元に揃っているものを、どう組み立てていくかを意欲的に試してみる時だよ、楽しんで、って改めて思い出させてくれた。

True Colors



最近、寒いせいか、以前の夏の楽しみを思い出した。


灼熱の太陽、ギラギラしたアスファルトがまぶしい道。

窓ごしの日差しにじりじりと焼けていく腕。

車で走る道路のすぐ横には、青い海が180度広がる。


そんな夏の日に、音楽を車のなかいっぱいに響かせて、南へ南へと走るのがとても好きだった。

ブルーなときも、こうやって気分転換できた。



電車が便利な都会!?暮らしには車は必要なくて、ドライブはしないけど、今も音楽はリフレッシュにすごく効く。

以前よく聴いていた曲が、カバーされているのを最近見つけてお気に入り。

夏の海岸にも、聖夜にも、合う気がする…ような、、どうかなw




This is it


このところiPhoneに感動していて、「いまさらながら…」という文字が頭に浮かぶんだけど、

そうするとマイケル・ジャクソンを思い出す。


なぜかというと、私はマイケル・ジャクソンが亡くなったあとにファンになったから。

曲はいいな、と思っていたけれど、スキャンダルのイメージが強く、世界的なスーパースターという認識しかなかった。


けれども、映画 『 This is it 』 を観たとき、なんてひたむきでやさしく、すごい人なんだろう、と涙がでた。

映画が終わると、その場にいた人はほとんどみんな一緒に立ち上がり、拍手がなかなか鳴りやまなかった。

私はそのとき、彼が生きている間にライブを観なかったことを悔んだ。



スティーブ・ジョブス。

メディアで報道されるほんの一部分しか知らない人。

だけど、こんなに楽しく、世界を広げてくれるモノをつくってくれて、ありがとう!って言いたくなる。

彼ももう、この世にはいないけれども。







システム手帳



9月からはじまる、あたらしいシステム手帳を買った。

これまで使っていたのは小さかったから、内容がごちゃごちゃしていて、それで頭もごちゃごちゃ気味だったと思う。

すこし大き目のこの手帳に、これからの予定を書き写して整理した♪


これまでよりスッキリ考えがまとまりやすくなった感じ。

to do を一覧に書くようにしたから、考えがあっちこっちにブレないで済むからかもしれないな。



クリーム色のブタさんは貯金箱。こちらも最近手に入れた。

何かちょっと我慢して(お菓子とか)、小旅行やちょっと大きな買い物など楽しみのための貯金をしようと思って。

貯金箱だと、チャリンという手ごたえでやる気がアップするらしい。




パワースポット

有名なパワースポットには、訪れる人の欲望がたくさんくっついて、よいエネルギーよりもそういった念のほうが強くなってしまうところもあるらしい。


有名でなくても、自分にとって力をくれる場所ってある。

それは、その人にとってのパワースポットといえそう。


私のパワースポットのひとつは、宮崎にある安井息軒の生家。





訪れたとき、ここはいつも静かで、清々しい空気が流れているように感じた。

キラキラとした粒子が見えるような。






dreams

23日の満月あたりから、頭のなかが落ちつかない。

満月のとき、ちょうど獅子座に入っていた太陽は、”生命力の爆発”のイメージをもっているんだよな〜www

これには、”頭に血がのぼる”ってキーワードもあるからホントにぴったり 笑



獅子座のシーズン、自分らしさを、どんどん、のびのび、出していきたいですね♪





*****

☆HP:惑星ノート 『☆わかりやすいタロット講座☆開催します!in 国立』更新しました☆


貴婦人と一角獣

 

7月15日まで新国立美術館で開催中の、貴婦人と一角獣展に行ってきた!

大きなタペストリーが6枚、円形のホールにぐるりとかけられている。

落ちついた感じの赤い色に部屋のなかが染まっている。

見どころ美術館のHP


城で発見された6枚のタペストリーのあらわす意味は謎につつまれているそう。

ひとそろいで何かを意味しているとは考えられている。

たとえば、
◇人の精神的な成長
触覚→味覚→嗅覚→聴覚→視覚→第六感

五感の中でも、近寄らなければ分からないところ(さわる)から始まり、だんだん離れて感じる、そしてすべてを理解する(第六感)。


いくつかほかの解釈があるみたい。

貴婦人の表情も、見る側の気持ちで変わっていくようにも思える。


つくられた当時、お城のホールにかけられている様子を想像する。

そこにいた人のことも。。。

当時のヨーロッパの人たちが、五感と第六感とをどう考えていたのかにも興味わくな。


Ryukyu Song



むしむしと暑くなってきた。

この曲、夏の夜の気分にピッタリで最近よく聴いてる。

そうそうこの前、路上ライブではまった人w。

ヴァイオリンの音色、やっぱりいいな〜。。。



今日と明日は、横浜石川町のヒーリングハウスハプナさんで七夕祭り。

おひまだったら遊びに来てね(^_-)♪

詳細はこちら→ハプナさんのブログ




砂漠ラクダノート

 

先日、時間をつぶそうと入った文房具屋さんで気になるノートを発見!

→ ミドリカンパニーのHP


すこし前に、持ち運びにちょうどよいサイズのスケッチブックが欲しいな〜、と思っていたところだったので、買っちゃいました(^^)


”砂漠ラクダノート♪”

こんなマークが入ってる ↓ 





子どものころ、工作したり絵を描いたりするの好きだったな。

好きなコト、気になるコト、気軽にとりかかってみようと思う。

お気に入りのカップ

 

これは、私のイメージ、と親友がプレゼントしてくれたカップ。

とっても気に入ってる。



私、こんな感じ?

自分では分からなくても、誰かの目にそう映っているならうれしいかも。



へこんだときでもこのカップを思い浮かべると、ちょっと楽しくなってくる。