あじさい

 

出勤するとき、庭のあじさいが綺麗だったから、思わず立ち止まってパチリ、パチリ。

しっとりと濡れた青紫と白のあじさいを見てひと息いれたら、頭がすっきりとして気分がいい♪

慌ただしく過ごしてしまいがちな平日の朝。

すこし気持ちを切り替えて、ゆったりと深呼吸するような感覚を持てたらいいな・・・、と思う、雨の季節。

花を買う



昨日、帰宅途中、乗りかえの駅で、友人とバッタリ会った。

花屋さんでお花を選んでいた。

小さな青いアジサイとなにを組み合わせてたっけ。。。

いつも元気な笑顔が素敵な人だけど、このときはやわらかい女性らしい雰囲気で、また違う一面を見た感じ。

(「あら〜、はからずも女子力の高さを露呈してしまったわ〜(^.^)v」という発言はあい変わらずで笑えるんだけど・・w)


キレイなものを見るときって、表情もいい感じになるんだな〜。

表情がよいと、心も体もきっといい感じになる。

ときには私も部屋に花を飾ろ。








メグちゃん家で夕ご飯



昨夜は、メグロビのメグちゃん(ブログ)の家で夕ご飯。

ヒーリングフードオラクルカードを出版したばかりのメグちゃん。

生活も充実しているようすで、ますます生き生きと輝いていた。

大切な友人が幸せそうな姿をみるのはうれしい♪


食べ物や農業のこと、いろいろと教えてもらった。

わたしにとっては驚くようなことも。

土にたくさんの農薬を入れて育てた野菜でも、農薬を上からまいていないければ、無農薬栽培という表示になるんだとか。

わたしはアトピー体質なので、食べ物にはあるていど気を遣っているつもりなのだけど・・・

まだ知らないことがたくさんあるんだな〜と、ちょっとため息がでそうになった。


そうそう、メグちゃんは少し前に引っ越してて、今の住まいはわたしの憧れの(笑)阿佐ヶ谷なんですよ〜。

お暇だったら南阿佐谷のイベント来てね、といいましたモチロン(^_-)♪。



いつかいた場所



おととい、なつかしいメールで友だちの近況を知り、

時の流れについて考えた。

中学校から高校3年間、一緒に過ごした友。

高校生の頃は、よく一緒に下校し、公園で暗くなるまでおしゃべりをしていた気がするw。

よくそんなに話すことがあったな、と今思うけど 笑

思春期の女の子どうしってそんなものかな。。。

卒業して離れてからも、会うたびに安心してなんでも話せる相手。


メールでは、家族にも大きな変化があり、生きるってことを考える、と。

そうだね〜。わたしも考える。

今ここにいること、これからどこへ行くのか、人との出会い、の不思議。

この世を去るときには、「あ〜、なんて素敵な人生だったんだろう」と満足して逝きたい。

それにはやっぱり、今ここにいる自分を、しっかりと感じて生きることかもね。

その前の日のやぎ座会でも、そんな話題がでていた(やぎ座は時間と深く関わる)。

同じ日のヒプノセラピーでも、過去と今とこれから、を感じた。

重なるテーマ。おもしろいね。

ランチバック



今朝、電車に乗って、ちょっと自分であきれたのは、ランチバックの詰め込みよう。

わりと大きめサイズなのに、パンパンで。。。


お昼のお弁当はいいとして、朝、食べようと思って焼いたけど時間がなくて食べられなかったトーストとか、

なぜか2つゆでてしまった卵とか、なんとなく慌ただしく入れてきた。

お腹が空いたら、いつでもランチバックから食べものを取り出せる、っていうのもま〜いいけどw。


*****

☆HP:惑星ノート『人と太陽』更新しました☆

ミナミハコフグ



甥っ子が4才くらいのときに、磯でつかまえたミナミハコフグの幼魚。

この子は幼いながら、磯の岩かげに大きなカニをみつけたり、陸から海の中をのぞきこみ、砂の上のヒラメをみつけたりする、目はしの利く子だった。

この幼魚をみつけたときもおもしろい。

母親が、磯遊びをしたあとのバケツの中身を、ジャリしかないと思って、砂浜の岩の上にザザ〜と空けた。

その岩の上のジャリを払い落とそうとしたところ、じっとみていた甥っ子がワンワン泣いて止めるのだそう。

なんだろうと思って甥っ子をみると、ジャリにまじった黄色っぽい豆みたいなものを一生懸命に指さす。

目を近づけてよくよく眺めると、その豆は、小さい小さい胸ビレをバタバタさせていた。


救われたミナミハコフグちゃん。
この動画の途中で、甥っ子がクスッと笑うのが聞こえるかな。

深海

 

今日は部屋のなかにいると、すこし蒸し暑くて

大自然のなかに行きたくなった。

南の島とか、ばーっと風が吹き抜ける草原、とかいいな。


深い海に潜るのも、いい。

自分の体よりもでっかい魚が泳ぎ、

エイがひらりひらりと海底の砂の上に舞い降りる。

まわりは深く澄んだブルー。


すこし前にバリに旅行した友達の話を聞いたからかしら・・・。

ますますスッキリと楽しそうに見えたのがうらやましい。



*****

☆HP:惑星ノート『あなたのなかに眠る物語を思い出して〜魚座会〜その2』更新しました☆

消息



ひとつお願いしたい用事があって、宮崎の友だちに電話した。

宮崎へは、私は2年半くらい帰っていない。

Facebookでつながってない友だちが、最近どうしているかをあんまり知らなくて、消息を聞いてビックリしたり、らしいなぁ〜と思ったり。

それをきっかけにして、みんなどうしてるかな〜と思って、
「元気?わたし最近毎日ブログ書いてるから覗いてみてよ〜」といった私通信(笑)メールを何人かに送りつけたw。

温かい返事をありがとう(^^)

宮崎にいるときから、私がしていることを話すと、興味をもって見守ってくれてた人たち。

まだ自分でもどうなることかよく分からなくて、ただ流れがきてると感じた方にこれまで動いていたんだけど。

やっと、「私、こういうことやっているんだよ」、と大まかな報告ができるまでに、成長したのかもしれないね。



☆関係ありそうな記事→惑星ノート・アーカイブ『あきらめる、こと』『たどりつく場所』

新宿高校



新宿高校の通りぞいの花壇のバラが花ざかりで、

仕事帰りに楽しんでる。

歩きながら、甘い香りを吸いこむ。


バラは手入れが難しいと聞くけれど。

どなたかは存じませんが、ほっとするひとときをありがとう。





帰り道

 

外を歩きまわるのによい季節になったな〜。


風が心地いい夜は、遅い時間でもまっすぐに戻らずに、

ぐるっとまわり道をするのが好き。


暗いなか、畑の野菜の様子を点検しながら通る。

向こう側の食堂は明るくて、誰かがなにかをしてる。



ひとりで、薄暗くシンとした道を歩くのが楽しいのは、

すぐそばに、安心して帰れる場所があるからかもね。