冬至のデトックス


気持ちのよい朝。


おとといから昨日までは、鼻がグズついて、頭はボンヤリ。
肌の調子もけっこう悪くなってたけど、だんだん復活してきてる。


悪化じゃなくて、デトックスだったと分かるのは、その前より、いまは気分も体調もスッキリしてて、意識がいちだん上がったように感じるから。

エネルギーが切り替わるタイミング、星もそういう動きをみせ、体も心も、同じように動いてるんだなーと、ハッキリ感じられるの。


写真は、昨日の夕方。
龍雲てこんな感じ^ ^?





冬至から、3ヶ月間のすごし方、書いてみました☆

好奇心、遊び心から生まれたものを、実用的に使っていく

冬至の柚子


お気に入りの食料品のお店があって、1週間に1回くらい行くんだけど、その近くに、氏神さまがあるので、お参りもする。

たいてい人影がないから、しばらくボンヤリできていい感じ(^^)

神社は森の中にあるから、キラキラした木漏れ日がきれい。

それを見ながら葉っぱがさざめく音を聴いてると気持ちいい。


ムリしない、何もかもやらなきゃと思わない。
無意識に頑張るモードになってしまうクセを意識してかえてきたけど、やっとそれがあたりまえになってきたみたい。
ゆったり心地いい時間がふえてきた。


昨日は、地元でとれた柚子を買った。
切って絞ると、とっても瑞々しくて、きれいな果汁がたっぷりでうれしい♪

考えてみたら、明日は冬至だった。
柚子湯で禊だね。
と思いながら、蜂蜜入りのあったかい柚子水を飲んでる。

ロゴつくりました(^∇^)

おとといは、天秤座で新月でした。

わたしは偶然の予定だけど、御嶽山に行きました。

青梅線ぶらり旅で、電車の中で思いついて、御嶽神社に行きたいねー、と言っていくことになったんだけど、御嶽神社すごくよかった。

山の上へ上へと。

途中はケーブルカーにものって。

霧がかかり、幻想的な山道をてくてく。


もどって、最後の鳥居をくぐったとき、なにか変わったって思った。
すごくスッキリして、軽くて、安心している感じ。

新月で、1日で、あたらしい自分になったんだろうな。


今日は、ふっと思いついて、チエタハティのLOGOをつくりました。

なんだかサラーっとできて、とっても気に入ってる。



Tie Tähti は、フィンランド語で、『星の道』って意味。
LOGOは、月と太陽と無限の宇宙 で描いた羅針盤。

三角の8つの頂点は、月と太陽以外の惑星たちの意味もあるつもり。


〜心の羅針盤をひらいて、星の道を旅しよう〜

ホームページのトップにものせましたー^_−☆

よかったらのぞいてみてね。

HP 星の相談室 チエ・タハティ

惑星ノート カレンダー

まるで

まるでブーケみたいな花の木。




やっぱり混んだ電車は苦手。
よくつづけたな〜5年間も、とあらためて思う、電車のなか。

といっても5年間が長かったかというと、もう記憶は遠い、あんまりリアルではないな。
今を生きてるってことかな、いいこと。

森の中


朝、緑がいっぱいの道を歩くのが好き。



そういう場所で育ったから、というのがいちばんの理由だろうけど。

人はみんな自然が落ちつくのかと思ってた。

でも、推理小説家の東野圭吾さんは、下町のザワザワしたところで育ったので、緑のおおい静かなところに住むと、はじめはよさげだけど、だんだん落ちつかなくなるんだとか。

それを知って、やっぱり三つ子の魂というか、幼いころに慣れ親しんだものが、いつまでもいいのかな。

だからわたしも大自然のど真ん中、ってのだとたぶん落ちつかず、地方や郊外の緑がおおいところ、ぐらいがちょうどよいのでしょう。


話をもどすと、自然が豊かなところで育った、よりもほかの解釈で気にいってるのがある。

わたしは、大気の精霊とつながってるらしい。

星や風や陽の光、空気に含まれる植物を育てる成分やなにか。

虫たちのブンブンいう音や、鳥の鳴き声、なんかも含まれてるんじゃないかな。

(なんだかこういう感覚は、メアリー・ポピンズっぽい。)



まあだから自然のおおいところで育つ必要があったともいえる。

精神世界的な運勢として読み解くこの世のしくみと、現実の世界は、ちがう言語(次元)でおなじことを説明しているのだから。


そういうことで、アトモスフィアーの精霊である(とまでは言われてないけど 笑)わたくしは、都会と満員電車に長くゆられることに疲れはてたのです。まあ、誰でも疲れるよね。

深呼吸できるところで自分をとりもどしてる。


先日、わたしについている人たちからのメッセージを教えてもらった。
大気の精霊の話を教えてもらった方とはまた別の方から。

あせらなくて大丈夫。
リラックスしたときに本領が発揮できるから。

居心地のよい場所をえらびなさい。
清々しい空気のところ。
そういう場所はすぐに分かります。



肌の調子がなかなか落ちつかなくて、疲れるとひどくなる。
そんな時はすこし不安定な気分にもなるから、この言葉にはげまされる。


そして、空気のことがでてきたので、不思議で、いっぽうでは、ああ、そうか、とも思った。

こんな朝の空気はいいね。




HP 星の相談室 チエ・タハティ

惑星ノート カレンダー


3と4を考えてたら、、

このところ、数の不思議 について考えてる。
知ってたつもりの知識を、もっと直観的に深く理解したいな〜って、自分のなかから感じてみようとしてる。

とくに、昨日の夜から、3,4 にフォーカスしてるのよね、掛けたら12になる数。
12は三次元に親しむ数。その感覚を深めたい。。



昨夜は寝落ちしてしまったので、惑星ノート calendar が書きかけのまま。
さっき目が覚めて書き上げて投稿したの。

そして、ふっと、投稿時刻を見てみたら〜〜





おもしろいよね。
こんな暗い夜明け前、なにか数の精霊のようなものが、わたしと話ししてる!、みたいに思える。

りんごのパイ


instagram



母が作ったパイを送ってくれた♪
煮込んだ紅玉は、さわやかな甘さ。

自分のキッチンがあったらいいな、と思うこのごろ。瓶詰めとか作ってたくさん並べて、梅干しや味噌、ヌカ漬けなんてのも作れたら作ってみる。

土間があって庭に野菜畑があったら、さらにいいね。。

星読みやタロットのセッション、勉強会のための部屋もある。

服作りのアトリエも。

自分の本当に好きなものと、
美味しいものと、
心地よくいられる人たちと。

「自分の中に眠る宝物を掘りおこそう」と呼びかける牡牛座の満月の夜が明けて、浮かんだイメージはこんな感じ。


HP 星の相談室 tie tähti

惑星ノートCalender



手仕事


instagram

ニット編みあがった(^.^)♪
やっと。。

思えば、母は編み物をよくしていた。
アップルパイやら、パン作りとか。
料理もじょうずだし。

ぜんぜん性格ちがう、と思ったりするけれど、娘のなかで、こういう手仕事好きなのは、私だけなんだよね。

父の母から習ったというアップルパイを習ったのは、今のところ姉だけ。

冬に帰れたら私も習おうか、、な。




HP 星の相談室 tie tähti

惑星ノートCalender
 

猫 その2


猫ばなし、つづきです(^.^)



猫 その1 あらすじ)ある日の午後、どうしても惹かれてしまって買った 猫のポーチ。
タロットカードを入れるのに、大きさもピッタリでちょうどよかったのでしたが。。


猫 その2

同じ日の夜は、日吉でタロットリーディング。
途中でばったり会ったSちゃんも、お友だちも来てくださって、神社ばなしなんかで盛り上がる。

お店の常連さんがもってきてくださったおみやげを、私たちも引かせてもらう。

大袋に、小分けの袋のお煎餅がたくさん入ってて、いろいろ種類があった。

それで、ざくっと大袋に手を入れて、「おみくじみたいだね」と言って引いたのよ。


わたしが引いたのは、




そう、和歌が書いてある。


みんなちがったから、それぞれ意味を調べて読みあった。本当におみくじみたい。


私のは、

立ちわかれ いなばの山の峰に生うる
まつとし聞かば いま帰り来む



◆◆現代語訳は◆◆
 お別れして、因幡の国へ行く私ですが、因幡の稲羽山の峰に生えている松の木のように、私の帰りを待つと聞いたなら、すぐに戻ってまいりましょう。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


これを読んでもフムフムと、あんまりよく分からなかったのだけど、
解説を読んだらば、、、なるほど〜!と。


◆◆解説◆◆
たとえば、飼っていた猫が行方不明になった時、おばあさんなどが、この歌を短冊に書いて、猫の皿を伏せてその下に置いておくのを見たことがありませんか?
この歌は、別れを惜しむ歌ですが、一方でいなくなった人や動物が戻ってくるように願う、おまじないの歌でもあります。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


(参照させていただいたのは小倉山荘HP。たぶんお土産にいただいたお煎餅のお店です。エッセイストの内田百けんさんの飼い猫ノラのエピソードも素敵☆)



おっと。猫 がでてきたよ^ ^
ねっ、これか〜!と思ったの。



みなさんは、猫ってどんなイメージですか?

好きとか苦手とか、いろいろあると思うけど、猫って、“ 魔法、神秘、未知 ” の象徴でもあるでしょう?
魔法使いの相棒だしね。



タロットカードの袋を、今どうしても猫のポーチに変えたくなったわけ、
私なりに腑におちた。

見失ってた神秘さをとりもどして、表に出すんだな、と。

星読みやタロットリーディングって、神秘や未知とつながる。

そういう世界にいる自分を、まだまだ表に出しにくい気持ちが、これまであったのも確か。

だけど最近は、「これが私だ」とあたり前になってきてて、もっと表に出していきたいな、と感じていたところだったから。

猫のポーチと、おみくじのようなお煎餅と、みんなとの会話が、それを後押ししてくれた。そんな夜。
ほかのみんなの和歌も、それぞれに合ってた。おもしろいね。



明日は、しし座で新月。
ライオンもネコ科だ^o^




在りし日の、いとしのピーちゃん



HP 星の相談室 tie tähti

惑星ノートCalender
☆新月の星読みは、今夜0時にアップの予定です☆

猫 その1


この前の満月の次の日は、おもしろい日だった。

小さなことなのだけど、ぴたぴたシンクロする感じがいくつか重なってて。


ひとつ話すと、猫 のこと。
その日の午後、横浜駅の地下街のショッピングモールをひょろひょろぶらついていたら、猫グッズのお店を発見。

ちょっとわたしの好みには可愛らし過ぎるかな、と思っていったん通りすぎたんだけど、気になってしょうがないからひき返した。

結局、気がついたら小一時間くらい猫グッズにハマってしまって、この2つを買っていた、、、*・'(*゚▽゚*)'

2つともタロットカード用。


普通サイズとミニサイズ。
とくに普通サイズの方のポーチは、オーダーしたかのようにピーッタリ☆

はじめは可愛らしすぎると思った猫たちも、見てたらとても気に入ってしまった。

そんな訳で、すっかりご満悦。
で、夜からのタロットカードリーディングのお店に向かう。

ついた駅ビルのデパート、これまたうろついてたら、知り合いのSちゃんにバッタリ会って、そしたら後で来てくれるって(^.^)うれしい♪



その後、夜は、お店でほかのお友だちも来てくださって、常連さんもまじえておしゃべり。

皇居や山手線、中央線が結界になっている、とか、皇室の儀式の形式だけではない重要性だとか、意外にマニアックな話でもりあがったのもおもしろかった。

常連のKさんも、スタッフのKさんも、そういうところに興味あったとは知らなかったから、うれしい驚き。

そんななか、ほかの3人と神社について熱く語ってたら、わたしの隣でSちゃんがオーダーしたのが、
「ジンジャ(神社)エール(応援)」

3人でいっせいに話をやめてSちゃんを見たよね。

でもSちゃんは気づいてなくて、ほんと無邪気に頼んだみたい。

後で聞いたら、頭のなかでは「紅茶かウーロン茶どっちにしよう」と迷ってたんだって。口が勝手に神社、あっいやジンジャエールって 笑。

わたしは、昼間に本屋もぶらついてて、立ち読みしてたのが、「神様は冗談が好き」って内容の本 (=゚ω゚)ノ。

だから、すぐに「あっ、これか!」って思ったね。ダジャレも好きらしいから。

神様は、ユーモアがあって、冗談が好きで、人がそういうふうに人生を楽しんでいるのがうれしいらしいよ。

もちろん、深刻に悩んでいる人には、ふざけないで真面目に向きあうそうだからご安心を。



猫のこと話そうと思ったけど、ジンジャエールもそういえはおもしろかったから長くなってしまった。

ですから、今日はここまで(^_-)
猫の話のつづきはまた〜〜☆
(つづき 猫 その2



そうそう、毎月第一土曜日の18時〜22時半まではこのピークアブーというお店にいます(^.^)
気が向いたら遊びにきてね。

お店の場所は、日吉駅(神奈川県)商店街がわに出て、いちばん左の道を進んで、バスロータリーの前です!



HP 星の相談室 tie tähti

惑星ノートCalender