軽やかに


今日は定例のフォーカシング日

もう10年近くつづいている。



いつもその時その時で、

解放感や気づきなど、

さまざまなことを感じる。


今日わたしの中に感じたのは、

“ 軽やかさ ”



それは、はじめは明るい空っぽ

の軽やかさに感じた。


でもそれは何にもないから軽い、

のではなく、


いろいろあってもそれを、

滑稽さ、愛おしさ、でもってくるりと包むから、

軽やかな、と感じてるんだと、わかった。



クヨクヨするのも

悲しくて怒るのも

大事だからこだわるのも

本気だから泣きたくなるのも



そういうものすべてが、

自分の中にあるのはわかってて、

人とはそういう生き物だと感じていて、

そんな自分も人をも愛おしく滑稽だと思う温かな視点もどこかにあって、

それは、“ 生きる ” ことともつながっていて。


今日のフォーカシングは、

そんな何かを、感じた。





ここで書いた、自分を“ かわいい ”と思える感覚、のバージョンアップともいえる(^^)

http://chie909.jugem.jp/?eid=930




大好きな小説、

ウィリアム・サロイヤンの

『人間喜劇』や、


映画評論家:故水野晴郎さんの決まり文句

「映画ってほんとうにいいものですね」

とも通じる感覚かもしれないな(*^^*)



うっとりするようなクリーム色と紅色♡






コメント