近い過去を生きた人々からの私たちへの「手紙」を読む、ということ

 

さいきん、仕事用のブログのほうで、

占星術というモノサシでいまの時代を読むシリーズを(勝手に)連載中。

よかったら読んでみてください(^.^)

 

プレ水瓶座時代編〜占星術というモノサシで今の時代を読んでみる その1

 

 

星のうごきを時代にあてはめて理解するには、

歴史を知ることが必須なので、

(人のホロスコープを読むには人間理解が欠かせないのとおなじだね)

 

あまり歴史が得意でないわたしは地道に勉強しつつ、

書いております。。。

 

 

世界史がわかるやつ〜と図書館でいくつか本を開いてみて、

あーこれは分かりやすいな、と思ったのは、

 

『早わかり世界近現代史』宮崎正勝著

 

 

そして、この本の「はじめに」

を読んだらなんだか泣けてきた。

 

ちょっと長いけれどこちらです。

 

 

**********

 

 

新たな世紀を間近に控えた西暦2000年の年末、

街にベートーヴェン「第9交響曲」の

「歓喜の歌」のメロディが流れていました。

 

この曲を聴くたびに、

私は「ベルリンの壁」崩壊後に訪れたプラハ(チェコ)のカレル橋の上で、

いくつもの輪をつくり、歌を歌っていた青年たちの表情を思い浮かべます。

 

社会も人間と同様に「なまもの」で、次々と姿を変えていくんだな、

と、そのときつくづく思いました。

 

歴史には、閉塞感に沈む時期があり、

高揚感に満ちた時期があるものです。

 

最近、私は「現代史」を、

2世代あるいは3世代前の人々が参加してつくりあげた、

壮大なシンフォニーではないかと考えています。

 

以前聞いた、ロストロポーヴィチというロシアのチェリストの、

「楽曲は作曲家からの手紙である」という言葉がなぜか耳に残り、

やがて「歴史」も「楽曲」と同じではないかと考えるようになったのです。

 

彼は、ソ連の官僚システムを批判する『収容所列島』を書いた作家ソルジェニーツィンをかくまい、

ソ連を追放された気骨のある演奏家です。

彼の勇気は、結果としてその後の「ベルリンの壁の崩壊」を準備しました。

 

「近現代史」は愚かな蛮行、失敗、野望などが横溢する

試行錯誤の過程のように見えるかもしれません。

しかし、実際には多くの人々の切実な生活の累積から成り立っています。

 

とくに現代史は、

近い過去を生きた人々からの私たちへの「手紙」であり、

私たちが戸惑いながら踏み出そうとしている「未知の時代」を読み解くための「地図」だと思います。

本書がいささかでも「現代史」との対話のきっかけになってくれれば幸堪です。

 

 

**********

 

 

 

 

この文章を読んで、

 

ホロスコープと、本人との対話を通して、人を過去から現在、

そして未来へと理解しようとするセッションと、

 

ホロスコープと、近い過去を生きた人々からの手紙:現代史、を通して、

いまを生きる私たちのDNAにひそむ意図を紐解こうとする、最近はじめた試みと、

 

それらが、曼荼羅のようにかさなりあって、わたしのなかで腑に落ちてきた。

泣けてきた理由はきっとそれだけではないけれど、

そうだったのか……とわたしの核に触れる感覚はこれが大きい気が今はする。

 

 

いま私のなかでおこっている変容が落ちついて、もっと理解できたころに、

このことをふりかえりたいと思うから、覚え書きとしても書いておこう。

 

 

 

昨日くらいから(牡牛座満月だったね!)こんな感覚を胸に抱きつつ、

さっきラジオから佐野元春さんの someday が流れてきたら、

また泣けた。

 

 

 

 

 

ほんとうに、いい歌。

 

 

 

 

魚座の23度『 Spiritist Phenomena 』のエネルギーをもつ彼は、

すこし先を走りながら時代の心をとらえ、

みんなに伝える詩人:メッセンジャーなんだなぁと思う。

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL