MBTIのタイプ論


今日は、オンラインで、MBTIタイプベーシック講座をうけた。


M:マイヤーズ

B:ブリッグス

T:Type

I:Indicator


マイヤーズさん、ブリッグスさん(母娘)がつくった人のタイプの指針


人の心がどんな表現への衝動をもつのかを、16タイプでしめし、自分やまわりの人たちを理解する指針にする。


あなたはこういうタイプね、という診断ではなくて、いまのあなたの心はこういう指向を示していますよと、理解しあうガイドにつかうもの。


わたしは占星術をそういう指針につかうので、またちがう方法でのアプローチを知るのはとても面白かった。


占星術でくわしく読み解く人の資質が、まとまったような形で、MBTIのタイプに現れている気がした。


わたしは、ENFPタイプ。


E:外向:人々やものごとといった自分の外の世界に興味関心を向ける傾向


N:直観機能:パターンや全体像を通して情報をとりいれ、将来の可能性に注意を向ける傾向


F:感情機能:自分の価値観やひとの気持ちに焦点をあてて判断する傾向


P:知覚的態度:臨機応変なアプローチを好み、さまざまなオプションを広げたままにしておくことを好む傾向


あ〜ほんとにそうだなぁというところと、


これもあてはまるけれど、そうじゃない方もわかるな〜という中間な感じとか、グラデーションはあるけれど、総合解説はとてもしっくりきた。



ほかに5人の参加者がいて、みんなちがってて、ワークで、タイプがちがうひとの反応をみると、そんなにちがう感覚なんだぁ。。とあらためて思ったな。


みんなそれぞれちがう。

その理解と尊重から、そして伝えあう工夫から、調和ははじまるんだろうね。


すごい♪まるで絵に描いたようにみえる空の色と雲。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL