ふつうに


家族が今週手術をするので、細々とした準備をすませつつ過ごしている。


執刀医である主治医は、頼もしく親身で、安心感がある。

しっかり話をしてから、信頼してまかせよう、と腹がくくれているみたい。

わたしもおなじ。


とはいえ、やはり静かな緊張はずっとつづいているし、いつものささやかな日常にたいしても感じ方がちがう。

繊細に、心のぐっと奥から触れているような。


わたしは負荷がすぐに肌にでるから、このところずっと腫れてて落ちつかないけれど。


わたしがどよよんとしてるより、少なくともおもて向きくらいでも、ふつうに穏やかにしてようと思う。

こういうときは、軽やかな冗談をいって笑わせるくらい余裕があるとよいのかもしれないね。雰囲気にのまれずに。


これは、フォーカシング的にいえば、緊張感や繊細さがあることをていねいに認めてその気持ちによりそいつつ、それに同化しないで、おもしろいことを考えたりする自分も認めて引きだすって感じかな。


この絵もそんな気持ちにさせてくれる^ ^

栗田淳一さん作

「心がアートをうみだしている」より

https://www.1101.com/yamanami/2019-07-13.html 


ほぼ日の連載ですが、今日の4回目の話もよかった〜〜〜。ぐっときた。

ここのアートたちも山下施設長の話も、へたれたわたしを力づけてくれる。

 4回目https://www.1101.com/yamanami/2019-07-14.html






わたしの肌の調子は、まだまだではあるけど、いちばん酷い時よりはずいぶん改善してるから、あるていどだけど動けてよかった。



こんな真摯な空気感は、いま空の太陽や金星が、土星や冥王星という重々しい星のエネルギーにふれていることからも読みとれる。


そういう重々しい気持ちになりやすいタイミング。


だからこそ、その雰囲気にのまれずに、わたしのなかの土星と冥王星をながめてみる。


土星と冥王星が伝えるエネルギーをしっかり味わってみる。





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL