『心がアートをうみだしている』


せんじつ、ふとつけたカーラジオで流れていた番組では、ちょうど糸井重里さんがゲストだった。


糸井重里さんには、“ ほぼ日 ”から興味をもった。

ほぼ日の活動からは、わたしが目指したい生き方へのエッセンスがたくさんもらえて、人生の先輩として気になっている方のひとり。


だから、ラジオをつけたタイミングで、その方が招かれ登場する、というのはとてもうれしい、ツイテル感じ。


ほぼ日 の連載はおもしろいって感じるものがおおい。


いまハマっているのは、

知らない土地の雰囲気を味わう旅行記としても情景を描く文章がいいし、書いてる人たちのどことないユーモアや仲間感もいいなと思う。

「ネパールでぼくらは」

https://www.1101.com/nepal/index.html


そして、こちらのアート活動とその広がりがすごいなぁと感動してしまう。

画像でだけど作品をみて、子どものような感性(生命の輝きの純粋さ、のようなもの)を保ちつづけているんだろうなって思った。

「心がアートをうみだしている」

https://www.1101.com/yamanami/2019-07-11.html 



栗田淳一さん作

(上記の「心がアートをうみだしている」よりお借りしました。)



・教育の場(ネパールでぼくらは)、

・アート表現の場(心がアートをうみだしている)

どちらの連載も、

・人が安心してその人自身でいられる場づくり、

・ふさわしい場(物理的環境と理解しサポートする人たち)があるから、それぞれの可能性を育み表現できる、

というところがあると思う。


人とのつながりがさらに活動を育て、ひとつの場でうまれたものたちが、さらに広い世界に羽ばたいていく。

そんな空気感も好き。


その人らしさ:創造性の発揮、それを育み広げてくれる人とのつながり、っていうのは、やっぱりわたしがいちばん惹かれるキーワードだな。


わたしが心理占星術やタロットリーディング、フォーカシングという活動を通してしたいこともおなじ。


わたしのしている活動は、まずはそれぞれの人が、安心して本来の自分を表現するために、自分自身で環境をととのえる。


本音と向きあい、

あるがままの自分を知り、

それをいかせるスペースを内面につくり守る、

ことができるようになるためのサポート。


そんなことをあらためて確かめられた。


わたしはいまは家族のために動く時間がおおくて、忙しいせいか肌も腫れているので、なかなか思うようには出かけたり活動したりはできないのがもどかしくもあるのだけれど。。。


少しずつこの先がみえてはきているかな。








コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL