最近のこと

 

最近は、自分の(肌の)体調は波はありつつもずいぶん落ちついてきたのだけれど、

すこし前に家族の病が発覚し、ここしばらくは病院での説明などに付き添ったりしている。

 

自分のものもそうだけれど、身近な人が病と向きあう姿に付き添うことで、またちがう世界が見えてきている。

自分ではどうしようもないことをどう受け入れ、生き方をかえていくのか。

医師や看護士そのほかのサポートしてくださるたくさんの人たちへの尊敬や感謝とか。

 

7月〜8月は山場というか考えることもやることも多い。

夜やひとりの時間はあれこれ気がかりも浮かぶし気持ちが揺れることもあるけれど。

本人がいまの状態を受けいれ、できることをタンタンとして過ごしているのもあって、わたしもどちらかというと穏やかに過ごせているかな。

 

 

 

なんとなくいまのことを書いてみました。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL