メキシコにいます^ ^


仕事でメキシコにいまーす





知人が、ですけど(^o^)



知人は会社勤めをしている。

今年度からはメキシコ・アメリカ担当になったそう。


でさっそくの、渡メキシコでメキシコご飯。

ご飯は美味しい!とのこと。






海外気分がいい感じ、と思って画像をもらってアップしてみた。




知人のホロスコープで適職を読むと、海外、交渉、大きな組織のなかで(または政府の仕事)、あたらしい何かを創りだす、という要素が強い。

特に “ 海外 ” はきわだっている。


今、ぴったりの仕事をしてるんだなーと思う。



会社に入ったばかりの頃は、与えられた仕事は何でも懸命にこなした。

経験をつみ、海外であたらしい会社を立ち上げる、という仕事をしたあたりから、自分の力のいかしかたが分かってきたと言っていた。30歳を過ぎた頃かな。



ちょうどその話をした時は、海外担当から国内勤務に異動になって、しばらくした頃だった。


仕事自体はうまくいっているが、もっと自分の力をいかしているという手応えが欲しい、と感じる、と。


わたしにも、その時の知人は、何かしっくりこない、焦燥感をもっているようにみえた。


その後、会社の人に相談して、もとの海外担当にもどったそう。




知人にホロスコープから読んだ適職の話をしたことはない。

でも本人は体感でちゃんとわかっているんだよね。


ホロスコープは本人をこえない。

ホロスコープに人をあてはめない。

人は自由意志をもち、ホロスコープよりも深く広く大きいのだから。



ホロスコープは、その人自身のなかでおこっていることを理解するガイドとして使う。


ホロスコープを通して、「そうなんだよね」と再確認することで、もともと持っている自分の感覚をより信頼できるようになる、そうすると行動にうつしやすい、のがよいところとわたしは思ってる。



もちろん、自分がまだ気づいていない、あるいは否定的にとらえている、本来の才能を、とりもどす役にも立つ。



自分の感覚をはっきり分かっていて行動にうつせるタイプの人は、自分の内側にあるコンパスを信頼して進む。

そのコンパスは誰でも内側にもっている。


そこまでまだ内側の感覚を確信ができないとき、いつもは自分を信頼しているけれど、迷いを感じたとき、にはホロスコープを読むのはよいですね。


ホロスコープを読むとは、自分のなかにあるコンパスをいったん外にだして、目で確認してみるってことだから。



自分の感覚を信じて進める時でも、ホロスコープを読んで(あるいは占星術師との対話を通して)、自分の内側にある感覚をしっかり認める、という段階をとりいれると、その感覚をさらに自分のなかに落としこむことができる。

それは安定とスムーズさにつながる。


そして、眺めることで客観性がうまれて、そこに、またあらたな何かがうまれるためのスペースがあく。

それは柔軟さや創造性を発揮しやすくする。




コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL