ささやかだけど幸せなこと

わたしは、タロットリーディングは、ウェイトスミス版をつかっているけれど、自分のパスワーキング(タロットカードの絵柄などを通して、湧いたイメージからメッセージやストーリーを描くこと)には、このごろはトートタロットをつかってる。


わたしの知性のつかいかた、『どうすれば愛をもって明晰に知性を発揮できるか』トートタロットで10枚引きのパスワーキングをした。


このパスワーキングは「ああそうか!」と腹におちる感覚で、とてもおもしろかったし、なにより、心の奥に重しのようにぶら下がっていたものをおろせて、「なんとありがたい!」と思えた。


つっと背伸びして手を伸ばし、引っかかっていたところから重いものをおろせたようで、すごくホッとした。



わたしには、スーッと貫くまっすぐな意志を、四方八方から曲がった剣のような思考が突き刺してジャマをする考え方のクセがある。


「あーでもないこーでもない」と心配や迷いが、ほんらいのクリアな意志を傷つけボロボロにしてしまう。



このクセは、これまでもフォーカシングやパスワーキング、星を通した自分との対話を通して、少しずつなくなっていた。


最近飲んでいるフラワーエッセンスが、あとおしして、さらにすっきりと軽やかになっている実感もある。(これは、いまどうしても処方してほしい!と思った。そしてしてくれる方とちょうど話していた。)


このタイミングでの、知性についてのパスワーキング。

全体的になんだか特別なメッセージをとらえた気がした。



そのなかで、すぐに具体化しておもしろかったメッセージのひとつ。


『わたしの知性を愛をもって明晰につかう助けになるもの』

ここに、The High Priestess(女教皇)がでた。


・ゆっくり内観する時間をとる

・自分のインスピレーションを信じる

・表面的でなくものごとの本質を感じとる


など浮かんだ。

そして、女教皇の足元にある、豊かな財宝のイメージが、つよく訴えかけてきた。


・物質、豊かさ。“精神性の高い道具を使いなさい” と浮かぶ。


精神性の高い道具。。。

その用途について考えぬかれ、丁寧につくられたもの。

わたしのやりたいことをスムーズに形にしてくれるもの。

そんな気がした。


使い手のことを考え、素材の声を聴きながら、丁寧につくられたと感じられる道具って、昔から好きだ。

その姿勢の底には愛があるしね。





*****


そんなことは、おもて向きの頭ではすっかり忘れていた、先日。

潜在意識は忘れていなかった。


わたしは、別の買い物ででかけたのに、ふと電気屋さんに入り、プリンターの棚のまえにいた。


「そういえば、スキャナーが壊れてて、買い替えようと思っていたんだった!」(すぐに使わないから後回しにして忘れてたけど。もうすぐ使う。)



そして、親切な店員さんと、ほしい機能のことをいろいろ話して、しっくりと納得したものを買った。



給紙と紙のでてくる場所も、使いやすくて、プリントしてみて、速さとキレイさに感動した〜!(これまで使っていたのが古い型だったから。)


なんて心地よい。そして、作業がしやすい。

アイデアもこれまでよりもすいすいと浮かぶ(気がする)

形もうつくしく、その機能とあいまって、見てると心が落ちついて、幸せ。



なんでもっと早く買い換えなかったんたろーとも思ったけど、いま幸せなのでいいのだ。この感動を味わいつつ、レポートもすいすいと書けるのでは、と、思う。(いや書ける 笑)

書くことが、まえよりも楽しみになっているのは本当。これはプリンターを買うまえからだけど、加速した感じ。





******


潜在意識はいろんなことわかってて教えてくれようとしてる。


タロットでも、星読みでも、フォーカシングでも、夢読みでも、自分の心の奥と対話するためのツールはたくさんあるし、気に入ったものを日常のなかで、うまく活用するのはいいよね。

心の奥にあるものを、なんらかの形で意識してまず言葉にすると、現実化がはやい。


繊細に力強くエネルギーをととのえてくれるフラワーエッセンスも、今回ますますよいなぁーと、生活にとりいれたいと思った。






コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL