生き生きと奔放に、堅実に


お正月にみた映画『イタリアが呼んでいる』のなかで効果的に使われていた、アラニス・モリセット。

昔好きでよく聴いていたので、思い出して懐かしかった。
最近またよく聴いている。

映画ストーリーは、マニアックな単館系で、とくにドラマティックな出来事はおこらない。

コメディアンとして活躍ちゅうの男性2人がとにかくよくしゃべる。よく分からないネタが多かったけれど、なんとなく可笑しかった。

なにより、景色がさいこう!
イタリアの田園風景、

太陽の光が燦々とふりそそぐ海。。


料理もとっても美味しそうで(ドライブしながらグルメ取材をしている)それだけでも満足した。

リゾート気分を楽しみながらも、仕事や家族のこと、それぞれ人生の曲がり角にさしかかっている雰囲気も時々あらわれる。
ひょうひょうとしながら、精一杯向きあって、いまできることを探す。

そんなところにも共感した。

ちょっと苦さも味わいつつ、リアルに生きてる感じに、アラニスの歌はよく合ってた。


わたしは、何か苦い出来ごとがあったわけじゃないけど、内がわと深く真摯に向きあうタイミング。(わたしの冥王星に空の土星が90度)
うん、やっぱりアラニスの歌はよく合うなー。

土星が山羊座に入って、社会性や堅実さが意識されるなか。

生き生きとした個人の生命力の輝きや奔放さが、社会的な責任感と同じくらい(あるいはそれより多いくらい)の濃度で、存在を主張してこそ、山羊座的社会は成り立つんだ、と感じているところ。
人それぞれが生き生きとできない社会は力がないもんね。


リラックスしてよく笑いよく遊ぼう。

そしてほんとに望むことを堅実に。

それが今年の抱負かな。

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL