び濁音と東京紅茶

さいきんよく聴くのは、三浦祐太朗さんが歌う『さよならの向こう側』

もとは山口百恵さんが歌っていた。

 

わたしはリアルな百恵ちゃんの活躍は知らないけれど、ときどき耳にする彼女の歌はけっこう好きだった。

 

このまえ、ラジオで百恵ちゃんの長男の祐太朗さんが歌うのを聴いて、いいなぁと思った。

おだやかに、すーっと心に染みる感じ。

 

百恵さんの曲をカバーするにあたっての、祐太朗さんのインタビューをチラチラと読んでみた。

 

百恵さんは、ふだん家族の芸能活動に、アドバイスや感想など、なにも言わないのだそう。

(ふつうの番組などの感想はけっこうハッキリしてる、と夫の三浦友和さん談。家族のことはとやかく言わないようにされているんだろうなーと私は思った。そんなタイプにみえる笑、だから夫婦仲も良いのかも)

 

めずらしくひと言だけ祐太朗さんにアドバイスしたのは、

”鼻濁音(びだくおん)を意識するとよい”、だったとか。

 

それで鼻濁音が気になり、調べてみた。

 

「鼻濁音」とは、「が、ぎ、ぐ、げ、ご」のガ行の音を

「んが、んぎ、んぐ、んげ、んご」といった感じで、
鼻から向けるように発音する音のことです。

 

発音にかかわる仕事の方のサイトを読むと、鼻濁音は日本語をうつくしく感じよく響かせる発音法なので、だんだん失われているのがザンネンと書いてあった。

 

ほかの調査の記録など読むと、東北地方には多くて、西日本には少ないとのこと。

 

わたしは西日本出身なのだけど、この響きはしっくりやさしくなじむ気がする。

 

百恵さんや祐太朗さんの歌い方がいいなぁと感じるのは、この びだくおん の効果も大きいかもなーと思った。

ま〜ただそれだけなんだけど、書いておきたくなった(^.^)

 

 

そうそう、東京紅茶というのは、いまはまっている紅茶。

わたしの住んでいる多摩地域で生産されている。

地産地消の食べ物っていきいきしたエネルギーをもらえる感じがしてうれしいし、これはなによりもとっても美味しい♪

 

この味も、おだやかでやさしい。

なんとなく びだくおん につうじるな〜、と、そして ひらがな もそうだな〜、といまふとおもう。

 

(そういえば、うちは三人姉妹がいるけれど、父はみんなの名前を ひらがな でつけた。

誰にでも読みやすいのがいいのと、やわらかい感じがするのが好きだから、と聞いた気がする。

読みやすいのは確かによかったな〜。やわらかい感じ、どうだろう、そうなってたらいいけど。)

 

 

 

三浦祐太朗さん

 

百恵ちゃん

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL