明けがたの思い出


今朝、夜明け前に目が覚めて、実家で飼っていた猫のピーちゃんのことを思い出した。


連れ去られていなくなり、家族で、探しまわっていた時のことを。



姉と一緒に張り紙をつくって、近所中に貼ってまわり、時間があいたら、あちこちの公園など探しに行った。


その時の、悲しさ。

ひどい目にあってるんじゃないか、四六時中気がかりで、胸が苦しかった。


その気持ちを、また味わっていた。



可愛くてとっかえひっかえ首輪をつけて、本人も鈴を鳴らすのを気にいっていたのだけど、首輪だけが歩道の横の植えこみの上に置いてあったのを見て、首輪をつかまれて捕まってしまったのではないか、と胸が苦しくなった。


2ヶ月もいなかっただろうか。あきらめられるわけはなく、ただ悲しさと気がかり、そして守ってあげられなかった後悔、が慢性化していたころ、ピーちゃんは自力で帰ってきた。


ひどく痩せて、尻尾は折れ、毛ははげてタバコを押しつけられたような火傷のような傷があちこちにあった。

目は泣きはらしたように腫れ、声はガラガラで、ほとんど出なくなっていて。


そんなピーちゃんは、明け方、両親の寝室の窓辺にあらわれたのだった。よく帰ってきたね、と抱いてみんなで泣いた。


ピーちゃんは、それからおよそ17年間一緒に暮らし、いなくなった。

年をとり、もう家から出ることもなくなっていた。死に場所を探して出ていったんだろう。そんな予感を抱きつつ、両親はずいぶんと探したらしい。

『ぴーちゃん』

 http://chie909.jugem.jp/?eid=705



連れ去り事件が終わったあと、しばらくたって声も目も毛並みもすっかりきれいになった。尻尾の折れた形はそのまま残ったけれど。

元気に、ひょうきんに、猫らしく。

イキイキとした時間をくれた。

もう、あの苦しい時間を思い出すこともほとんどなく。(もう首輪をつけることはなかった。わたしたちが。本人はどう感じてたかは分からない。)

『うちの猫』

http://chie909.jugem.jp/?eid=157 



どうして、今思い出したのかなぁ。


つい最近、両親との関係、とくに父との関係をみつめなおしていたからかもしれない。父とピーちゃんはすごく仲がよかったから。

『ひさしぶりに』

http://chie909.jugem.jp/?eid=370



ある時味わったとてもつよい感情は、きっと生きてるかぎり、すっかりなくなってしまうことはないのだろう。


もう意識をすることはなくても、細胞のなかに溶けこんで、人をやさしくさせたり、ときには怖れや悲しみをにじませたり、する。


その感情を知ること。

居場所を作ってあげること。


問いただすことなく、ただとなりに寄りそい、感じてたことを受けとめる。


そうすると、ただむやみにふりまわされるのではなく、穏やかに共存することができるんだ、と思った。

受けとめ居場所をもつことで、癒されることもあるし、すぐに癒されなくても、はじめとは少しずつ姿をかえていく。


たとえば、それが怖れや悲しみだとしても、そのために望みを放棄することなく、共存しながら、一歩一歩、あたらしいアプローチで、未来へと踏みだすこともできると思う。



*****


夢から覚めた時につよい感情を味わったときの対処法。

昨日ツィッターでシェアされていて、いいなと思ってたので試してみた。

よかったですよ。


わたしがいつもしているフォーカシングと似ている。このワークのしくみは、ほんらい人に備わっている力なんだと思う。


覚書もかねて、ここにもリンクしますね。


『ほんとうの名前を口にする』

http://premamft.exblog.jp/amp/28157876/ 





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL