夢の子猫があらわれた


おとといの夜、夢に猫がでてきた。


細かいシチュエーションは憶えてないけど、ある家の中に、わたしは妹か女ともだちと一緒にいて、出口を探してる。


ウロウロしながら入った、となりの部屋で猫が寝ていた。


猫がぱっかーんと体を開いていて、そのリラックスした姿がおかしくてクスクス笑う。


わたしたちがなぜ出口を探しているかというと、つぎの家に引っ越すため、みたい。


なかなか出口が見つからない。。。


けれどあせってるわけでもない。

そんな夢。



そして、昨日の、現実の夜、子猫たちが遊んでいるのを見かけた。

暗がりからジッとわたしを見ていた。

警戒されてる!

ちっちゃくて可愛い♪

なんにもしないよ。




とそこで、前日の猫の夢を思いだす。


つぎのステージ(新しい家)にいこうとしてる気持ちと、まだなじんだ場所でリラックスして遊んでいたい気持ちと。

そんな時なんだろな、と思った。


あっ、子猫じゃなくてわたしがね。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL