真っ白なスクリーン


部屋のようすは、心のようすとつながっている。


あらためてそれを感じた出来事。



数日まえから、だんだん部屋がごちゃごちゃしてきていた。

腕の肌が腫れているので、片づけるのがしんどくもなっていて。


今日は、頭もカラダもスッキリ軽い。

ちょっとモノをうごかしたついでから、サクサクと片づけられた。


その上、なんとなーく、こうしよう、と思うままにちょっとした模様替えまでした。


1ヶ月ほど前に、必要があって買ったけれど、結局つかわなかった、大きめのホワイトボード、ちょうどいい場所におさまった♪


お気に入りの絵葉書など貼る。

思いついた言葉を描いてみる。

なんだかとても楽しめるスペースになった!



そして、いま、ピカピカでつるりとした真っ白のホワイトボードを見つめつつ、「これはどこかで見たぞぅ」と心がモゾモゾした。







あー、思いだした!

これは、4月のフォーカシングでわたしの内側にあらわれた、輝く真っ白のスクリーンではないか!(私の中のおサルさんhttp://chie909.jugem.jp/?eid=768


買った時にはそんなこと少しも思いださなかったけれど。。


そして、使い道がなくなった時も、なんだか不思議なくらいムダにしちゃった感がなく、これはわたしに必要なの、となんとなく思っていた。



昨日(もう一昨日かな)心が揺れて古い記憶や妄想的不安がデトックスされた。

そしたら、あたらしいわたしと再会した気がした。(http://chie909.jugem.jp/?eid=778



そのわたしはさらに自由でクリエイティブで遊びたいのだ。ホワイトボードは、そんな、あたらしいわたしのための準備だったんだなー。


心のスクリーンに気がついたのは4月。

5月にはボードを手に入れていたけど、わたし自身の意識が変容するまで、待っていた、んだろうね。


と気づいたのがおもしろくて、もう眠りたいのに目が冴えて、こうして日記を書く 笑。


記録しとくとまたあとで何かを見つけられるかもしれないし。



ホワイトボード。

まっさらに白く、輝くキャンパスのよう。

そこに何を描こうかとワクワクする心。

創造性がでてきたがっている。

これからのわたしをあらわしている。


選ぶ持ち物は、その時の生き方の象徴でもあるね。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL