星の使者

今日、わたしが行った場所♪

 

2、3日前に、国立天文台のキャンパスが開放されていて、見学できるという記事を目にして、気になってて、

 

今日はいい天気で出かけたくなり、ちょうどいいや、と行ってみた。

 

 

テクテクと構内を歩きながら、静かに胸がざわめいてる。

 

感じてるのは、親近感・・・?とはじめ思ったけど、ちょっとちがう。

そうだ、シンパシーだ。

 

シンパシー:共鳴、してる。

 

 

ここは、太陽の黒点を観測する第一赤道儀室。

1938年から61年間、太陽黒点のスケッチ観測をしてデータを世に送りだしていた。

 

いまは、最新の自動式の機械に現役をゆずり、見学用に保管されている。

 

 

 

今日の黒点は2個だったよ。すくないね。

いまは太陽の活動が活発でないそう。

 

 

 

緑でいっぱいの気持ちいい道を歩きながら、いろーんなことが頭に浮かぶ。

 

こんな専門機関には、そこに関わった人たちの集合意識が濃ゆく存在してるはず。

 

わたしはそれに触れに来たんだなぁと思った。

神社に参拝するみたいに。

 

 

きっと、何らかの意志をもって、ある集合意識に触れると、コードのようなものが接続される。

 

思いあたるのは、一昨日の自分がツィートした言葉。

 

“ わたしの月♡のサビアンが”バロメーター”という大気圧なんかをはかる測定器ということで、自分がなぜか毎日の星のうごきを読みたがる生き物だということを納得して受けいれました(←いや実は楽しいの 笑) ”

https://twitter.com/chierik/status/865681692828123136

 

天文学者の集合意識に接続されたかな〜(^.^)♪

 

 

 

点と点がつながって、ひとつの物語が織りなされる。

これは単なる空想かもしれないし、不思議な意味のあるインスピレーションかもしれない。

 

どちらでも構わなくて、それを信じるか信じないかはわたしの自由だ。

信じたことが自分の現実になるのだから。

 

そして、わたしはこの物語を信じる。

楽しくてワクワクするような冒険のように感じるし、わたしの体にもしっくりと落ちてきたから。

 

きっとこれは、わたしがこの世で楽しむエピソードの一つ。

 

 

 

そういえば、子供のころから、わたしは住みたい家を設計する空想が好きだった。

 

よく描いていた家には、六角形の塔のような細ながい部屋があった。

まわりはぐるりと窓になってる。

 

まだ占星術も天文学も知らないときだったけど、あれはもしかしたら天文台なんじゃないかな〜、なんてね。

 

 

 

こんなことを考えていた時間は、空の月がキロンに触れているタイミングだった。(今日の星のうごきはこちら⭐http://chie-astrology.com/20175-21

 

キロンは、痛みを乗りこえて身につけた賢さや癒しの力を人のために役立てる、という意味をもつ。

 

そして、空のドラゴンヘッド(未来へつなぐ縁)は、いまちょうどわたしのアセンダント(わたし自身を意味する)に重なっている。

 

 

心残り、のような、かなしさ、のようなものを含んだ想いを、未来への希望へとつなぐ、何か。

たしかに、それがいまわたしが胸に抱く物語の中にはある。

 

 

 

このときつぶやいていたこと

 

 

 

関連記事:森の中で宇宙とあそぶ〜星と森と絵本の家・国立天文台(http://chie-astrology.com/20170525-2

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL