ミル挽き珈琲


コーヒーミルを買った。


とうとう♪

買ったのは1週間くらい前だけど、今日、はじめて使った。

焙煎したての珈琲豆を挽くときから、すごーくいい匂いで幸せ♪


ドリップコーヒーの香りはアロマテラピーみたい。

これがほしくてコーヒーを淹れているようなものだなぁ、と最近気づいた。

だから、せっかくなら、すでに粉にしてあるものよりも、挽きたての豆で淹れたいわ♪ と思ったら、どうしてもミルが欲しくなり。


あれこれミルをみて探すのも楽しかったし、ほどよい大きさ、シンプルさ、質感、とってもお気に入り。

そんなこともふくめて、

ゴリゴリ豆を挽く音、
香ばしい匂い、
そしてお湯をそそぐときにぶわんと広がるアロマ、
手をつかうこと、
ゆったり時間を過ごすこと、



このミルは、コーヒーをさらに美味しく飲む道具。

そして、ただそれだけじゃなくて、今のわたしの心地よさ、楽しみ方、そのものを象徴してる、って思う。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL