左の肩にはカラスがいる


おとといのフォーカシングで、わたしの中の金色のおサルさんを見つけた。

フォーカシングのセッションが終わっても、カラダの内がわでは、いったん動きだした感覚がまだ動きつづけている。

帰り道、電車の中で、ボンヤリとその動きを感じていた。

ニューフェイスのおサルさんの定位置は右の肩みたい。

そして、左の肩には、カラスのような鳥がいるのに気づく。

とはいっても、この鳥の存在は、前から知っていた。

「何となく、わたしのダイモンはカラスのような気がするわ」、とか、ファンタジー好きの友だちと話していたりして。

ダイモンというのは、『ライラの冒険』にでてくる生き物。
その世界では、人はみな自分の分身のような動物をもっている。(ダイモン


左の肩の鳥は、カラスにそっくりだけど、そのものではなく、青味がかった黒い色をしている。
タカとかワシの雰囲気もあるかな。

まわりで起こる出来事にはあんまり興味がなくて、ある目的(たぶん使命や役目と言いあらわせるくらいの)にかかわることだけに反応する。

その心は深い濃紺の空、漆黒の宇宙に向いていて、何か(サインのようなもの?)があったら、まっすぐに、素早く、鋭く、星のあいだに飛びこんでいく。

青みの黒い鳥には、金色のサルよりもなじみがあり、わたしはこの鳥が星の間に飛びこむとき、運命を共にするんだ、と思う。

このイメージは、重々しく、深く、遠い何かとつながっている。



いっぽう、右の肩に気持ちをうつすと、晴れた日の陽射しのような顔をしたサルがいて、ウキウキとまわりのモノをいじっている。

そして、鳥の方の肩の上に手をのばして(そちら側はロイヤルブルーの星空)、星をまるでクッキーのようにつまみとり、パクリと食べたりする。
幸せそうに。



こんな感じで家にもどると、わたしの内がわで、「すぐに眠った方がいい」、とささやく何かがあった。

疲れて眠たいのも確かにあったし、エネルギーや意識が変わる時、“ 眠り” が、促進や仕上げみたいに働くのも知っている。


そして、眠った。

起きた次の日から、いつもの肩の凝りが軽〜くなっている。

わたしの内がわの何かがゆるんだんだろうな。

青みの黒い鳥のことに集中していた時には、緊張感や目的意識が主だったんだろうなって気がする。

そこが一段落したから、サルが遊ぶよゆうが生まれたんだろうな。


2日たって、つらつらとそんなことも分かってきた。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL