わたしのなかのおサルさん


今日は、フォーカシングの勉強会。


(フォーカシングとはこんな感じのものです
言葉とカラダ

わたしの中の

わたしはけっこう久しぶりの参加、3ヶ月ぶりくらいかな。

フォーカシングをすると、自分のなかの思わぬ何かを見つけたりする。

これはほんとにおもしろくてドラマチック。

今日は、わたしは、自分のなかの、サルを見つけた。

金色で、楽しげで、遊び好き。
けっこう賢そう。

興味をもったこと、器用な手先で試して遊ぶのが好きみたい。

このサルがあらわれる前、わたしは自分の胸のモヤモヤをあつかっていた。

モヤモヤだけに、重い感情があらわれるのかと思いきや、サルに気づく前にあらわれたのは、キラキラと輝く真っ白なスクリーンだった。

そして、胸のおくに踊る、期待感。


サルになる以前のその何か、は、輝くスクリーンの光がとどかない、斜めの陰のなかにいて、ぼんやりとグレーで、泣きたい気持ちを感じさせた。

わたしはフォーカシングでそのグレーの何かによりそおうとするけれど、近づかせてもらえない。

でも、「そうか、そこにいるの分かってるからね、また来るね。」と話しかけてから、立ち去ろうとすると、それはふっとわたしの懐にやってきて、赤ちゃんのようにつかまった。

しばらく抱いてるイメージがあって、気がつくと、金色の楽しげなサルに変わっていた。


これが、わたしの一部だって分かる。

こういう面を、これまでは斜めの陰においてて素直にだしていなかったんだろうね。

このサルがいま、わたしの肩にのっている。(イメージでね)
これからどんなふうになるのかな。
と楽しみ。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL