本質で生きることと、幸せを感じる心は、イコールではない


サマセット・モームのことを調べてる。


世界的な作家としての名声や地位、

晩年にもティーンエイジャーからファンレターが届くほどの廃れない人気、

莫大な富


献身的につくす、伴侶であり秘書の存在、


ぜいたくで快適な環境、


を手にしているにもかかわらず、晩年、狂気ともいえる皮肉さで自分の人生の虚無感を嘆いた。


暗く、何かに取り憑かれたような顔をして。



幸せを感じる心は閉じたままだった。


10歳で孤児となったこと、

どもりでいじめられたこと、

優秀な兄へのコンプレックス、


生前、財産を使い果たし、死後、子供たちを貧乏な生活へと突き落とした父親への不満、


セクシャルマジョリティーであったこと、その時代には今よりも隠さなければ糾弾された。

などなど。

ネガティヴにするものはいろいろとあった。


彼の成功を導いた動機は、なにかを見返したい、という復讐心だったのか、とさえ思う。


もともとそこからはじまることは、誰にでもあるとしても、途中で解放されたり、変容したり、するチャンスもつかまえられなかったのだろうか。


というようなことを考えさせられる。


そして、気づいたのは、


まず、動機はネガティヴでも、本質をいかして生きれば豊かさは手に入る、ということ。



作家としてのモームは、その観察力、表現力を存分にいかして活躍した。



次に、幸せを感じる心は、本質をいかして生きる、こととは別なんだ、ってこと。



これは、“ お金や名声があると、精神的に貧しい ” というような形式的な考え方のことではなくて。



お金と名声をもちながら、心豊かに生きる人もいれば、そうでない人もいる。


お金と名声がなくても、心豊かに生きる人もいれば、そうでない人もいる、から、決めつけることはない、から。



動機がネガティヴでも、自分のもつ質をいかして生きれば、豊かさは手にはいる。


動機がネガティヴのままだと、せっかくの豊かさも幸せと感じられない。


病気や困難など、軌道修正が必要だというなんらかのサインがあらわれて、挫折と感じることもあるだろうな。



幸せを感じることを阻む思いこみがなければ、さまざまなことから幸せを見つけることができる。


その状態だと、自然に本質でいきる道を選びやすいから、豊かさも手に入れる。


ただ、本質で生きる道を選ばず、自分本来の生命力を発揮しなかったら、物質的な豊かさを手に入れにくいのかもしれない。





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL