森の中


朝、緑がいっぱいの道を歩くのが好き。



そういう場所で育ったから、というのがいちばんの理由だろうけど。

人はみんな自然が落ちつくのかと思ってた。

でも、推理小説家の東野圭吾さんは、下町のザワザワしたところで育ったので、緑のおおい静かなところに住むと、はじめはよさげだけど、だんだん落ちつかなくなるんだとか。

それを知って、やっぱり三つ子の魂というか、幼いころに慣れ親しんだものが、いつまでもいいのかな。

だからわたしも大自然のど真ん中、ってのだとたぶん落ちつかず、地方や郊外の緑がおおいところ、ぐらいがちょうどよいのでしょう。


話をもどすと、自然が豊かなところで育った、よりもほかの解釈で気にいってるのがある。

わたしは、大気の精霊とつながってるらしい。

星や風や陽の光、空気に含まれる植物を育てる成分やなにか。

虫たちのブンブンいう音や、鳥の鳴き声、なんかも含まれてるんじゃないかな。

(なんだかこういう感覚は、メアリー・ポピンズっぽい。)



まあだから自然のおおいところで育つ必要があったともいえる。

精神世界的な運勢として読み解くこの世のしくみと、現実の世界は、ちがう言語(次元)でおなじことを説明しているのだから。


そういうことで、アトモスフィアーの精霊である(とまでは言われてないけど 笑)わたくしは、都会と満員電車に長くゆられることに疲れはてたのです。まあ、誰でも疲れるよね。

深呼吸できるところで自分をとりもどしてる。


先日、わたしについている人たちからのメッセージを教えてもらった。
大気の精霊の話を教えてもらった方とはまた別の方から。

あせらなくて大丈夫。
リラックスしたときに本領が発揮できるから。

居心地のよい場所をえらびなさい。
清々しい空気のところ。
そういう場所はすぐに分かります。



肌の調子がなかなか落ちつかなくて、疲れるとひどくなる。
そんな時はすこし不安定な気分にもなるから、この言葉にはげまされる。


そして、空気のことがでてきたので、不思議で、いっぽうでは、ああ、そうか、とも思った。

こんな朝の空気はいいね。




HP 星の相談室 チエ・タハティ

惑星ノート カレンダー


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL