アルケミスト


数日前、古本屋さんの表にでてる本をながめてたら、『アルケミスト』をみつけた。

4年前にも読んだ本。

ちょうどそのときは転機だったと思う。
「これからどうしようかな」、
と悩んでたときに、ふと本棚からみつけて手にとった。

手にとる直前までは、別の本を読もうと思っていたのに。
この本が吸いつくように手の中にあって、不思議だったのも覚えてる。



さっき読み終わって、
4年前よりももっと理解できることがたくさんあった。

わたしの4年間も、大きく成長したって意味では、この本の主人公が体験した旅のようなものだったかもしれないな。
まだここまで悟ってはいないけれども。

4年前、はじめてこの本を読んだ少しあとに、わたしは“今”につづく道を踏みだした。


あらためて印象的だった言葉を覚え書き。↓


主人公の少年が自分の運命をみつけて、
その運命を生きようとしているとき、
導く王様(神様)や、アルケミストがいう。

「人が本当に何かを望む時、全宇宙が協力して、夢を実現するのを助けるのだ」と。


これは、この4年間で実感して理解したことのひとつかもしれない。



そして、いまちょうど区切りの時期だと感じてるから、それを告げるタイミングで、またこの本があらわれた気がする。

ここまで来た道のりと成長を教えてくれるために。



惑星ノート

惑星ノートCalender


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL