ヒマラヤ精油のお話会


先日は、ハプナさんで、ヒマラヤ精油のお話会

ヒマラヤ山脈の中腹にある、
インドでいちばん大きな雷が落ちる、
ビシリマハデブ寺院。

その寺院のうしろは、2,000メートルの絶壁。

そこは、インドの雑踏も森もすべてを通りぬけてきた風が崖を吹き上がり、ヒマラヤ山脈を抜けて大気へと溶け込む、風の通り道。

そこにたち、風を受ける。
身体中の細胞が喜びにふるえる。

そんな体験から、
つながってつながって、
ヒマラヤ精油が日本にくるまでのお話。



こんな場所で育まれた植物からとれる精油。

森を傷つけず、住む人々の生活を変えない産業。

石油を使う動力も使わない。


なにか透明でまっすぐで、そしてやさしいエネルギーを感じた。

使ってたらわたしもクリアになれそう。

ヒマラヤの雷のお寺にも行ってみたいな〜。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL