ルーツ



2年ほど前に、九州から関東に来てから、千葉に住んでいる叔母とはじめてじっくり話した。

今も会うたびにいろいろな話をする。

いちばん多いのは家族についてかな。



叔母は私の母の妹にあたる。

叔母から家族や母の子どもころの話を聞くと、これまで持っていたイメージとは違う姿が見えてきて、不思議な感じ。


私が自分が育った家庭に対してさまざまな感情を持っているように、母もきっとそうなんだろうね。

あらためて素敵だなぁと思う面ももちろん、母の持っていただろうコンプレックス、も等身大の女性として想像する。
 
子どもながらに感じていた何かが、「あ〜そのせいだったかも」、と腑に落ちることもある。


そして、そういったものは母を通して、私自身のなかにも受け継がれている。



自分の無意識にあるクセ、もしそれが好ましいものでなかったら、

その負のパターンを自分で解消したとき、

自分だけでなく、遺伝子でつながる親や兄弟・姉妹、そのもっと前の祖先のもつ負のパターンまでクリアになるのだそう。

そうなのかもしれないな〜、なんとなくだけど。



そうだといいな〜。


自分の細胞がイキイキと元気でいて、それがルーツにつながる人たちにも元気を運ぶんだったらうれしい。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL