お菓子と詩集




ハプナ祭りで星読みをうけてくださった方から、とっても綺麗なお菓子をいただいた。

橙色がすっと心に入ってくる。


夜の音楽会。
お話とヴァイオリンとビオラ。

お話をつくったまるさん(ブログ)の詩集。



表紙と、いただいたお菓子の雰囲気と似ている気がした。
胸の底にまで届く、すてきな詩たち。


音楽会で買ったから、タロットカードをひいて、その印象からえた言葉をしおりに書いてくださった。

『出会い、交差し、まわり出す
今、この時、あなたの色彩により、
また、極だち、
自分の色を知る人がいる
くっきりと、この世にただ映えて』



今回のハプナ祭りで、なんとなく自分で感じでいたことを、私からは話してないのに、さまざまな方が言葉にして伝えてくれた。


今は、何かが腑に落ちてきてて、とってもゆったりした気分。





コメント

ああ、ありがとうございます!まさに詩集の表紙、わたしがいつも助けてもらうもみじの木の写真を加工したものなんです。そのもので、びっくり。星よみのちえさん、お会いしたかったのでうれしかった〜^^

  • まる
  • 2013/12/09 08:01

まるさん

ね〜!お菓子も写真も紅葉、そのものなんですね。今回のハプナ祭り、このお菓子の色鮮やかな紅葉にはじまり、音楽会で出会った紅葉に守られた詩人さんからの言葉ですべてのピースがまとまる、という、流れだったんだな。
頂いたメッセージのように、はっきりくっきり色鮮やかにみえていたものがあります。
私もお会いできてよかった☆

  • chie
  • 2013/12/09 09:15
トラックバック
この記事のトラックバックURL