世の中の闇とどう関わるか

 

暗いニュースをみたときに思いだす話がある。

数霊の先生の言葉。

数霊とは、言霊:言葉に魂があるように、数にも魂がある、という学問。


その数霊の講演会のとき、世の中の暗い面を感じたときにどうしたらいいか、という話もでた。

「深刻な考えにとらわれずに、思いっきり今を楽しむことだよ。キラキラとした明るい”気”をどんどん空気のなかに送りこむことだよ。」

「深刻な考えにとらわれて重い”気”をふやすと、その闇を増長させることになる。それよりもこうなったらイイナ♪という夢を描いて、そこに楽しみながら向かう方がいい。」

というような話だった。


個人の力で今すぐにはどうしようもないことに関しては、ただ無力感にとらわれて暗い気持ちになるよりは、明るい気持ちで、今、自分のできることを楽しみながら一生懸命した方がいいんだよ、という意味合いだったと思う。


私は、人が抱く意識の影響力について、その当時よりも分かってきたから、あらためて「なるほどな〜」って感じる。


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL