閉じていく部屋


今日のフォーカシングの会と、

昨日のファニーアップルのワークと、

なんとなく周りの感じと、

わたし自身の今日のフォーカシングのイメージから、


今って、ちょうど、これまでのひと続きの体験が完了して、

次の段階に向かおうとしているタイミングなのかもなぁ、と思った。


今日のわたしのフォーカシングのイメージは、

引っ越しで荷物が運びだされた空っぽの部屋で、

これまでそこで過ごした日々を懐かしみ、愛おしみ、感謝している

というものだった。

ちょっと切ない気分も混じりつつ。



その部屋の空っぽさの清々しさ。

空間に差しこむ光のうつくしさ。



このドアを開けて、出て行くことへのためらいはないけれど

(それが自然の流れ)

まだゆっくりとその部屋で気が済むまで過ごし、

これまでの日々が閉じていくのを見届けている、

そんな風に感じた。



こういう時期には、総決算みたいな、

デトックスのような症状が、

心にも身体にもあらわれやすいよね。

不安定な方は、浮かび上がるものを見つめ受け止め流しつつ、

ゆったりとお過ごしくださいね♡



溜まった疲れも出やすいかもね^ ^

わたしは、パソコンやスマホで映像を見過ぎているせいか、

目が疲れて肩が凝っているのがわかる。


バランスボールで背中を伸ばした。

目を温めたり、ストレッチをもっとしよう。

ブルーライトを遮断する眼鏡をかけるとか、ケアもちゃんとしなくちゃね♪



これまでのプロセスが閉じていくのを大切に見届けたあと、

次に開くドアの向こうには、

どんな景色があるんだろう。

そんなワクワクも静かにはじまっている。







コメント