三つ星シェフのアラン・パッサール


最近は、本を読むのも、占星術の研究のため、がキッカケになることが多い。


占星術のサビアン研究会のメンバーなので、たいていいつもレポートのテーマに選んだ “誰か” の人生の探求にはまりこんでいる。


いま次のテーマを探しているところ。


探しているうちに、なんだか気になってハマってしまったのが、三つ星シェフのアラン・パッサールという人。


彼に密着取材して描かれた漫画『三つ星シェフの味つけの魔法』は、絵の感じも好きで、みてるとなんだかワクワクするし、おもしろそう♪


このサイトですこし本の中身がのぞけます。→https://www.erisekiya.com/2016/07/3206 


子ども向けのレシピ絵本もだしているそう。


絵本っていうのもいいなぁ。。


アラン・パッサールさんは、かつては絶妙な火入れの達人で、『肉の魔術師』と呼ばれていたそうなんだけれど、今は野菜にこだわり、自家菜園をもち、野菜料理のスペシャリストと呼ばれる。


自家菜園は、昔ながらの農法で営まれ、すごく美味しい野菜がつくられている。


菜園にダイニングをつくり、採れたての野菜を食べられるようにするつもり、とか。


そういうのもいいな〜♪


と、気になりポイントがたくさんあった。


研究用にも、お料理のレシピ用にも使えるし、と本を購入してしまった(^O^)


届いたらまた感想を書きますね♪


(実はこのあと、6月のテーマは獅子座ではなく天秤座だった⁉と気づいてしまったというオチ 笑。アラン・パッサールは獅子座なのだ。来月のテーマでした。また別の人を探さなきゃ)




で、アラン・パッサールのホロスコープを調べてみた。


アランさんの太陽は、わたしの金星と重なり、

水星と冥王星が、わたしのアセンダントと重なり、

土星がICと重なり、

火星どうしが向き合う、

ドラゴンヘッドと木星が、わたしの太陽と月のミッドポイントに触れる、

ドラゴンヘッドが、わたしの海王星に重なる、

金星が、わたしの冥王星と90度、


という。

共感&刺激ポイントがすごーくたくさん。

なるほどね。


彼の活動は、わたしの生き方にすごーくヒントを与えるにちがいない。


センスのいい漫画や、絵本、という表現方法は、わたしもなんとなく自分でもできたら良いな〜って思うもんな。


漫画や絵本そのものにしなくても、難しいものを、分かりやすくおもしろく伝えられることに憧れがあるの。


あと、昔ながらの農法の菜園なんかにも憧れが。そういうものが生活のなかにあったらいいな。


そもそも料理が大好きでとことんはまってスペシャリストになっている。

そんな風に、すごい技術をわがものにして自由自在に創造性を楽しんでいる、のがわたしの目指すスタイルなんだな。


などなど、あれこれ刺激されている。



強烈に気になる人って、やっぱりなんらかの縁があるんだよね。

ホロスコープで読み解くと、それがより深く理解できるからおもしろい。

そして、あぁやっぱり。。と自分の感覚や直感をさらに信頼できるようになる。


ドラゴンヘッドの重なりなどは、魂の縁をあらわすといわれる。


わたし、前世のつながりや生まれ変わり、というものを信じる方。


生まれ変わりは、丸ごとその人が生まれ変わるというより、その人の魂の一部を共有するような感じではないかな〜と想像してる。


響きあう魂はおなじ何かをきっと求めている、と思うな。


アラン・パッサールさんがわたしの魂の縁かどうかはわからないけれど。

その生き方にすごくインスパイアされたのは確か。

出会いっておもしろいな〜。

たとえ実際に会ったわけではなくてもね。



*****


体調は、すこしずつだけど、ずいぶん改善してきました。


最近は、お肉もほとんど食べません(鶏肉はすこし食べる)

わたしのような体質の人は、炎症をおこしやすいそうだから。

それも効いているのかも。


お肉料理は好きだったからかなしくもあるけど、肌の健やかさを取り戻すのにはかえられない。


引きこもりでリラックスできていたら、ラクに過ごせる時間もまた長くなってきた。


ムリはできないけど、かゆみや痛みをほとんど感じない時間が長くなると生き返ったようなものすごく有難い気持ちになる。


症状がひどい時には、耐えるのに相当のエネルギーを使うので、生き抜くのに必死みたいな気分になって余裕がなくなるのです。


あー、もうすこし身体がラクになったら、すこしずつやりたいことできるだろうなと楽しみ。


アランさんのレシピも試してみよう。



もうすぐ夏至なのがちょっと気になっている。

季節の変わり目のデトックスで、肌の症状がいったん悪化することがおおいから。


みなさまも身体や心のケアにゆったり時間を使ってくださいね。


6月の星読み書きました。

https://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-12465374420.html



待ち受け画像と羊毛とおはな


ほぼ日のサイトで良いものを見つけた^ ^


「福田利之のホーム&ロック」

https://www.1101.com/homelock/index.html 


素敵なイラストをダウンロードしてスマホの壁紙にできる!


今月はこちら♪


絵本のようにかわいくて、最近よく聴いてる、‘羊毛とおはな’ の、「大きな木と小さな鳥」って歌に雰囲気がぴったりだなーとなごんだ。

さっそく待ち受け画面にした。



この歌がyoutubuになかったから、ほかの好きな歌を。


最近は季節の変わり目やらなんやらで、わたしはまたもやいちだんと不調の数日です。。(T ^ T)


(少しずつ改善してて安心してたら、ときにこんな風にガクッと落ちる波がある。

アトピー体質の脱ステロイド後の肌の回復には、期待するより長い時間が必要のようだとわかっているので、気持ちはそこまで落ちこまないけれど。)


こういうものを見つけるとうれしくなる。



お気に入りの猫の動画

 

このまえ、庭先を三毛猫が歩いているのをみつけてうれしくなった。

 

ずいぶん前、実家で猫を飼っていたとき、猫がとても愛情深いのを知って意外だった。

イメージ通り、けっこうクールではあったけれど。

 

たとえば、いつもよりも帰りが遅いと、玄関で待っていたり、

へんなところで寝てしまったりすると、ちょいちょいと手で頬をさわって起こしたり。

 

試しに、明日の朝、6時に起こしてね、と言ってみたら、ほんとうに起こしにきてくれたこともあったな。

 

 

この猫ちゃんもたのもしい (^-^)

 

 

 

 

かえってくるペンギン

 

助けてもらった男性に、毎年数千キロ泳いで会いにきていたマゼランペンギン の話。

 

CBC News

https://www.cbc.ca/news/trending/dindim-penguin-1.3487668

 

この話を紹介していたブログはこちら

https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12433213904.html 

 

 

ブラジル、リオデジャネイロの沖合にあるグランデ島に住むJoaoさんは、2011年に、自宅近くの浜辺に打ち上げられたマゼランペンギン をみつけた。

そのペンギンは原油にまみれ、飢え死にしそうになっていた。

 

Joaoさんは、そのペンギンを保護し、Dindimと名前をつけて、体力がもどるまで、毎日餌をあげていた。

 

そして、元気になったDindimを海へかえそうとするがなかなか言うことをきかない。

 

しょうがなく、ボートで沖まで連れて行き海に放して浜辺に戻ってきたら。。。

 

なんとDindimは、Joaoさんのボート小屋の前で待っていた(゚o゚)

 

それから11ヶ月間、Dindimは、Joaoさんと一緒に暮らし、ある日海に帰っていった。

 

Joaoさんは、Dindimは故郷にかえり、もう自分のところにもどることはないと思っていた。

 

が、

数ヶ月後、Dindimがもどってきた!

それから毎年、6月〜2月の間、DindimはJoaoさんのところにもどり一緒に暮らすようになったという。

 

*****

 

マゼランペンギン の生息地はアルゼンチンとチリの海岸で、ブラジルのJoaoさんの家にもどるには、3000キロ〜数千キロは泳がなくてはならないんだそう。

 

6月、Joaoさんの家があるグランデ島をめざして泳ぎはじめるその瞬間。

Dindimの身体のなかには、どんな感覚が生まれているんだろう。

 

知能が高くても、例えば「恩を返す」とか理屈にとらわれたりはしないと思うから、何か純粋な感覚が身体のなかに湧いて、それに素直にしたがうんだろう。

 

もともと野生の生き物だからなおさら、ただ安全に生きるという本能をこえた(ある意味危険な)行動をとってまでもどってくる姿に、なんだか不思議さと愛おしさを感じてしまう。

このちっこい姿♡

 

 

 

minä perhonen



ミナ ペルホネンは昔から、気になってるブランド。



デザイナーの皆川さんが、ミナ ペルホネンをたちあげるお話や、ものづくり、から仕事への考え方、とてもいいな、と思う。

分野はちがっても、こういうスタイルをめざしたい。


皆川さんのトークイベント
WebマガジンCALENDokinawaの記事
前編

後編


ミナペルホネンの展示会、ミナカケル、
よいタイミングでいけてよかった。

あらためて、大事なことを確かめられた感じ(o^^o)


ミナカケル
6月7日まで開催、
表参道のスパイラルガーデンにて☆












HP 星を道しるべに

惑星ノートCalender

ミドリ色


ふと見ると、手もとにミドリ色のものがおおいな〜'(*゚▽゚*)'



ペンケース、ヘアクリップ、ファイル、ポーチ、買いものバック、ランチバック、、、w

ランチボックスもよく使うのはミドリ色。


グリーンがあらわすのは、

自然
ハート
バランスや調和
真実の探求
あたらしい道をみつけだす

だとか。

ふーむ。。
そういうのはたしかに好きかな〜。



惑星ノート

惑星ノートCalender

小江戸川越


昨日は、雪の降るなか、
用事で、さいたま県の川越市にいった。

市役所の通りから一本横に入った通りを歩いていたら、
昔の建物が建ち並んでいて、風情があってとても素敵だった。

聞けば、小江戸 と呼ばれる街なみで有名なのだそう。
(参考に→サイトの雰囲気がよかった甘味処あかりやさんのブログ。)


すっごく美味しい有名な、うなぎ屋さんも教えてもらった。

川越いちのや(食べログ

ざんね〜んながら、時間もなくて寄れなかったけれど、お店の前を通ったら、いーい匂いがした( ^ω^ )

小江戸通りで、おっ素敵♪
と思ったお店は、古本カフェだった。


Agosto という名前。

ここはあいにく閉まってた。


なんと、このあとiPhoneの電源が落ちちゃう!という悲劇 笑
(おかげで、方向音痴でGPS頼みのわたしはやはり道に迷ってしまい、大変だったのよ、まぁそれはともかく)

この後つづくせっかくの小江戸の町並みは撮れずじまい、、(T ^ T)


ざざーっと一部分だけ通りすぎただけの昨日。

また日帰り旅行ででも行ってみたいな、と思う町だったよ。

ので、覚書きをかねて、日記に(^-^)。



惑星ノート

惑星ノートCalender

Ruby Robin Boutique Jewellery

ガラスのなかに本物の植物がはいったアクセサリー


THE HAZEL HOUSE のサイトより

子供のころに花や草を摘んで、
胸のボタンのところにさしていたような。

あ〜、こんな感覚あったなぁと思いだす。

ハンドクラフトの素敵なアクセサリー。
すっごくいいな。
デザイナーは、Khrystyna Bell さん。


自分らしい表現。
心のなかにあるものも、カタチにしてみないと、まわりからは見えないからもったいない。

カタチにして見せてもらうと、
キラキラとした何かが胸のなかに生まれて、いい感じ。


今日は、みずがめ座で新月。



惑星ノート

惑星ノートCalender

はなももの別館


はなももの別館 というブログにはまってる。

国際結婚をされてアラブの砂漠に住む日本人の女性が書いてらっしゃる。

猫や犬、鳩、ウサギ、ラクダ、
そして、ガゼル。
人間。


一緒に暮らすたくさんの動物たちとの日々の写真とそのままの文章。

種をこえてのコミュニケーションが可笑しくて笑えるんだけど、どうじに胸を打たれる。

泣けるし笑えるし、心がやわらかくなる。


砂漠の景色もダイナミックでうつくしい。
あー、いいな〜。
世界は広いね。


こういう本もだされてるよ。




惑星ノート

惑星ノートCalender



トーベ・ヤンソン展


トーベ・ヤンソン展に行ってきた。
ムーミンでおなじみの作家さん。

ムーミンの原画だけでなく、
油絵や、雑誌の挿絵など、
まったくちがう雰囲気の作品も多くて、
とても見ごたえがあった。

ムーミンは、戦争ちゅうにすさんだ心を癒すために、ファンタジーの世界を想像しているところから生まれたのだそう。
なんだかそのエピソードが印象に残った。

わたしはムーミンからトーベ・ヤンソンが気になったというより、繊細で自由で野生的な彼女の自伝を読んでから、好きになった。

彼女は夏に無人島で過ごしていて、
その生活の描写がとくに素敵に思えた。


夏の家のセット


トーベ・ヤンソン展、横浜SOGO美術館では、11月30日までですよ^_−☆





インクで描いた挿絵のキャラクターが、
そのままスタンプになってる♪

だけど、押すとミムラ姉さんの左目が黒くなってちょいコワイ!?笑



惑星ノート

惑星ノートCalender