棺のなかで眠るひと

昨夜の夢、ふたつよく覚えている。いまのわたしの変化につながると思うので、面白くて覚書をかねて。

 

意味がつかめたら、また解読を書いてみようと思います→ 書きました( ^ω^ )。下の方。

 

 

ひとつ目は、目が覚めたとき、なんとなくモヤモヤとして悲しい感じがした。深夜2時10分くらい(あとで空の星の配置を確かめる(^^))

 

夢の中で、わたしは薄靄のかかった湿った草原を歩いていた。

そのまえに森をぬけてきたのかもしれない。

 

草原と森のさかい目に棺があり、女の人が眠っている。

 

わたしは、そのそばに座って、彼女が目覚めるのを待つことにした。

 

彼女が白いワンピースを着ているのに気づく。薄いコットン、その質感が好きだと思う。

 

薄靄が明るくなりはじめている。夜が明けるのかな。

 

彼女はまだ目覚めない。よく眠っている。

 

 

その夢から覚めたとき、頭の中では、鬼束ちひろの『眩暈』が流れていた。

 

その歌を聴きたくなり、聴いていたら、だんだんモヤモヤした気持ちが落ちついて、また眠ったみたい。

 

 

 

ふたつ目の夢では、飛行機にのっていた。ちょうど空港を飛びたったばかり。急な角度で上昇している。

 

空に浮いているのがとても怖い。落ちたらどうする?パイロットってすごいなとあらためて感心したりして。

 

目の前のモニターに、飛行機の空路がうつしだされている。

 

空路はふたつ示されていて、わたしがのっている飛行機は、高度がたかい方。

 

怖い気持ちはまだあるけれど、高い方でよかったと思う。遠くに飛ぶの。胸が高鳴るのも感じた。

 

 *****

 

 

夢は、現実とつながっている。実際の姿とはちがう形で表現されているのだ。夢の中の姿は、自分がそのものをどう捉えているか、という意味では、真実だ。

 

そして、夢が伝えてくれたメッセージは現実に生かしてなんぼ。と夢のワークショップでならった。これは星読みもタロットも同じ。

 

 

さて、上に書いた夢、昼間に、他のことをしながら、なんとなくつらつらと感じていたら、意味がわかってきた。

 

ひとつ目。

棺は、死と再生を意味する。棺の中で眠る女の人は、わたしの分身だ。

 

ワンピースの白色、コットン、はそのままのわたし、素直な気持ち。

 

わたしの意識は生まれ変わろうとしている。よりそのままのわたしらしく。純粋に素直に。

 

(大きな変化の時期にふさわしいシンボルだね。)

 

 

森は、緑の木々や草たち、その中で生きる動物の生命力が満ちているところ。心身ともに力をたくわえてきた。

 

潜在意識もあらわす。わたしの場合、こちらの意味もつよいかも。占星術やタロット、フォーカシングを通した潜在意識の探索。心の底にあったもの。

 

森をとおく離れてはいないけれど、草原に出たということは、生命力が満ちて、探索はひと段落し、のびのびと自由に動きまわるようになることをあらわしている。

 

目覚めたときの気分からすると、薄靄は不安の要素が強いかな。過去の悲しみや怖れの残像かもしれない。

 

ただ、もうすぐ夜明けの気配がして、草原はしっとりと美しく輝きはじめていた。不安はうすれて、あたらしいはじまりへと向かうだろう。

 

 

ふたつ目

飛行機はすでに飛んでいる(いいね(o^^o)♪)

 

わたしは動きはじめている。怖がってはいるけれど、もう空の上に出てるから、大丈夫。(怖さはあるかもだけど、もうためらいはほとんどない。)

 

高度が高い空路は、これまでの自分からまたワンステップあがっていこうとしているから。(のはず)

 

パイロットは、まっすぐに自分の道をいっている人、自分の力で飛んでいる人。そういう人に憧れるし、そうなる力もあるんだろう、わたしにもね。

 

 

挿入歌(笑)の『眩暈』は、怖がるわたしの心に寄り添いつつ、同時に、大丈夫だよと信頼している自分も、わたしの中にいることに気づかせてくれた。

 

 

*****

 

星の動きとの読み合わせ。

 

まず、空では太陽と海王星が60度、明日の夜ぴったりの角度になる。

 

海王星は、夢の力を強める。

心の底に残っていた感情を浮きあがらせて浄化する。

そして、あたらしいインスピレーションをあたえる。

 

わたしの出生図のドラゴンヘッドに、空の火星が重なっている。

ドラゴンヘッドは、怖いけれど挑戦すべきテーマ。

 

そして、ちょうど夢を見ていただろう時間に、空の月がわたしの火星に触れ、太陽にも触れつつあった。

 

空の月が触れると、意識の動きを知覚しやすい。

 

火星は、行動、やり方、目的を果たす力。太陽は主体的な生き方。

 

昨日の夢は、そのイメージをみせてくれたんだね。

夢も星の動きも、人の意識とつながっている。




その後のツィート追記 

 

夢の子猫があらわれた


おとといの夜、夢に猫がでてきた。


細かいシチュエーションは憶えてないけど、ある家の中に、わたしは妹か女ともだちと一緒にいて、出口を探してる。


ウロウロしながら入った、となりの部屋で猫が寝ていた。


猫がぱっかーんと体を開いていて、そのリラックスした姿がおかしくてクスクス笑う。


わたしたちがなぜ出口を探しているかというと、つぎの家に引っ越すため、みたい。


なかなか出口が見つからない。。。


けれどあせってるわけでもない。

そんな夢。



そして、昨日の、現実の夜、子猫たちが遊んでいるのを見かけた。

暗がりからジッとわたしを見ていた。

警戒されてる!

ちっちゃくて可愛い♪

なんにもしないよ。




とそこで、前日の猫の夢を思いだす。


つぎのステージ(新しい家)にいこうとしてる気持ちと、まだなじんだ場所でリラックスして遊んでいたい気持ちと。

そんな時なんだろな、と思った。


あっ、子猫じゃなくてわたしがね。



夢と星を読み解くと


昨日の夜はおかしな夢をみて、

朝起きたらなんだかダルかったので、
予定を変更して、ゆっくりと休むことにした。

夕方、調子がよくなり、昨夜みた夢を読み解いてみる。


どんな夢かをまとめて書くと↓

***

学校のようなところから、車で出発する女の人。

高い窓から手をふる校長先生のような男の人。

その男の人は、威厳があるけれども、親しみやすい雰囲気。
ハリーポッターシリーズのダンブルドアみたい。

私はあふれそうな赤ワインのボトルを持って見送っている。。

***


夢にでてくる人物は、基本的には、私自身のいろいろな面をあらわしている。

だから、車で出発する女の人は、「私」、でもある。


車を運転することは、「どう生きるか」。

赤ワインは、豊かな感性や愛情。

威厳のある男の人は、私のなかのルールや社会性をつかさどる人格。


これまでとらわれていたルールや制限から自由になり、豊かな感性をもっと表現するような生き方へ、と成長すること、をあらわしてる気がした。


これ、星読みと照らし合わせるとおもしろいの。

空をめぐる星たちは、いつも人の心のうごきとリンクしている。

感じ方には個人差があるけれども、自覚してるかしていないかには関わらず、どの人にもおなじように。

もちろん、その人が抱えている材料によって、どう現実に形づくられるかはちがうけれどね。


それで、私に作用する星のうごきと、昨日の夜の夢とを照らし合わせてみると…。

(ながくなりそうね〜、ご容赦を( ^ω^ ))




昨日と今日と、

空の火星(男性性、生き方をどう打ち出すか)と、
金星(感性、愛情)が、

私の生まれた時のホロスコープの中の、
太陽、
土星(ルールや社会性)
火星、
金星、

とピタリと重なったり、向かいあったりしていた。

この配置を読み解くと、夢の意味がさらに深く分かったみたい。

考えたことをぜんぶ書くと読みづらいと思うので、投影されている部分だけ書いてみようかな。


土星→ダンブルドアみたいな校長先生
火星→車の運転
金星→運転する女性、赤ワイン(感性)


太陽は、いまの状態にスポットライトをあてて意識させる。
そして、あたらしい創造のエネルギーを与えてくれる。


空の星と自分のホロスコープの星とがピタリと強く関わると、
自分のなかでも、エネルギーが大きく動いて変容していく。

こういうときは、ダルくなったり、眠たくなったりしがち。

体のサインに素直に眠るのはいいみたいですよ。

目覚めてると頭であれこれ考えて、思考が変容をジャマするので、意識を失うほうがよいらしいのw。



ということで、いまはスッキリ元気♪

あたらしい私が、パチリと目覚めた、のかもしれないな
(^-^)



(Star Walk より)




惑星ノート

惑星ノートCalender

溶ける空


ストレッチポールというのを教えていただいた。

細ながい円柱のポールにのって、
ゴロゴロしたり、手を動かしたりする。
背骨にそってのっかるので、それだけでも背中が伸びる感じ。

これをすると、ぐっすり眠れる。
わたしはこれまでちゃんと眠れてなかったみたい。
朝が気持ちいい。

はじめてストレッチポールをして眠った夜の夢のなかで、
凍った空が溶けていった。

空は、感情をあらわすのだとか。

体をほぐしたら、心もほぐれるのかな、と不思議でおもしろい。




惑星ノート

惑星ノートCalender

風と自転車


昨日の夢のことをなんとなく考えていて 、

バスと自転車の意味が分かってきた。

夢のほとんどは、自分の潜在意識がつくっているものだから、
向きあってみれば、自分にとっての意味が分かってくるものなんだろうな。

バスはたくさんの人と乗り合わせて、
バス会社が決めたルートで進む。

自転車は、自分のペースで好きな道を選んで走る。

自分で漕ぐから楽じゃないときもあるけど、停まりたいときにとまり、まわりの景色や風をじかに味わうこともできる。

この違いなんだろうな〜〜。

なるほど〜〜。。。(*゚▽゚*)!



惑星ノート

惑星ノートCalender

魚と自転車の夢


昨日の夜は、ヘンテコな夢をいくつかみて、
珍しくよく覚えてる。


ひとつは、白地に赤い模様の大きめの魚の夢。

とてもきれいな魚だなぁと思った。

この魚が窮屈そうにしていたから、
小さい水たまりから、水槽にうつそうとしたら、
自分からもっと大きな池に飛びうつった。


調べてみたら、イキイキした大きな魚の夢は、
才能や豊かさが育っていくことと関係があるみたい。

そーなのかな、うれしい(^^)♪



別の夢では、わたしはバス乗ってて、
行き先が分からないことに気づき、
降りて、自転車で帰ろうとしていた。

こちらは、まだよく分からない。。

乗り物をかえる=やり方をかえる、のかな、とは思う。

自転車って私の夢や無意識のなかではけっこうよく出てくるアイテム。

もっとゆっくり自転車を漕ぐように行きたい、のかな。



惑星ノート

惑星ノートCalender

ホワイトドラゴン その2



このまえの新月の日、

不思議な夢をみた日のフォーカシングでホワイトドラゴンがでてきた。



あとで思いだしたのだけど、

4年前に受けたタロットのパスワーキングの講座で私の心の奥からでてきたのは、

こんなふうなイメージだったの(=^・^=)







パスワーキングしたタロットカードは、
『戦車』:目的へ向かって突き進み、達成する。



ホワイトドラゴン、ここにもいたのか。。




惑星ノート

惑星ノートCalender

ホワイトドラゴン


おとといの夜見た夢は、
なんだか奇妙で不思議な感じ。

あたらしい呪文、
あたらしい魔術、

のようなものを使う人たちがいて、
たぶん、わたしはそれを身につけようとしていた。


起きてから胸にずっと重石のようなものがあったから、
フォーカシングをしてみた。


鉛のように重い塊。
動かしたくても動かない。

ズンっと胸の真ん中にじんどってる。
それは重くて痛くて悲しい。

だけど、ゆっくりとその重い塊に寄りそい、
丁寧に見てイメージを描いていたら、

ふいにそれが、
白く大きなドラゴンに変わった。

ドラゴンは眠っている。

小さな小さな女の子が、
ドラゴンに寄りそい、
自分の体よりも大きな涙の粒を、
ドボンドボンとこぼしている。

みるみるうちに涙の水がたまり、
湖のようになって、
重たいドラゴンと女の子をのせた板のようなものが、
プカプカと水に浮いてきた。

胸の底の重たさは薄れ、
たくさんの透明な水で満たされていく。

眠っているドラゴンは、
ファンタジックでユーモラスに見えてくる。
まぶたがピクピクして、イビキをかいている。
寝言のようなうなり声。



昨日は、わたしの生まれたときのホロスコープの、
冥王星の真上で新月。

冥王星は、強い力で抑えこむ恐ろしさもあるけれど、
それを手にできれば、
大いなる可能性を開く力をくれる。


あとから、ふっと、
このホワイトドラゴンは、わたしの冥王星だと思った。

恐ろしい影しか見えなかったときとはもうちがうって分かる。

ドラゴンはもうすぐ目覚めそう。
わたしの味方だとも分かる。
もう怖くない。


わたしの新月の願い事は、
ドラゴンの目覚めと関係ありそうよ。

目を洗う


あと20分くらいで、月がみずがめ座に移動する。

そのまえ、山羊座の最後を月が通過中のいま、
メールの返事を書いたり、
しゃきしゃき実務をこなしてる。

昨日の夜は、すっかり眠りのなか。

さき一昨日の夢のなかで、
わたしは目を洗って汚れを落としていた。

ものの見方が変わる!?
と起きてから、夢読みした。

確かにいま、そんな実感あるかもな。


毎日書いていたこの日記ブログ、
1日空いてしまったけれど(; ̄O ̄)
切りかえだったのかしら。

読んでくださって、ありがとうございます(^-^)

夢のこと


夢のいいところは、
気になる夢をみても、そのままにしておくこともできるし、

意味を読み解いてふかく理解することもできる、ところかな。

疲れているときには、深読みせずに、
そのままでゆっくりした方がいいし。

だけど夢をみているから、少しは解放されてるのだと思う。

夢を読み解くと、
激しい夢のときはグッタリして、
デトックスしてる感じだった。

昨日の夢会であつかった夢は
全体的におだやかで、
なんとなく切なかった。

夢の意味が理解できたあと、
ジワジワと胸にしみてきて、

自分を急き立てていた怖さのワケが分かったら、
切なさとやさしい気持ちが湧いてきてる。

夢は自分が何かとつながっていることを感じさせてくれるのも、いいなと思う。