あたらしい場所



今日はあたらしく、はじめての場所でタロット。

たとえば仕事の制服って着たら、
そのモードになる。

わたしにとってはタロットカードもそんな感じ。

タロットカードを手にしたら、
仕事人モード 笑

習うより慣れろ、ってことわざがあったかな。
なっとく。

(いつも思うけど、ことわざってやっぱりスゴイ。
なんと核心をつくことをさらりと短くまとめているのか!と感心してしまうわ。)


まあ、そういう感じで、
けっこう遠くまできたな〜、という実感をもった今夜だった。

遠くまでっていうのは、距離じゃなくて、経験、かな。


*****

惑星ノートCalender『月がおとめ座へ』☆更新しました☆


惑星ノート


見えないことば


タロットって、やっぱり、ほんとに面白い。


笑顔でおしゃべりしている表面からは見えない奥の気持ちが、

たとえばそれは、悲しみや痛みかもしれない

めくったカードの絵柄にさらりと現れて、

ご本人さまは、ご自身のことだから、
カードを見て、
“あぁ”、と腑に落ちた表情をされて、

わたしはカードの持つ意味から、
その気持ちを推し量り、

言葉に現せない“ことば”が、
そこで交わされる感覚。

だから、なんとなく感じていたことを言葉にできて、

言葉にできたことで、ホッとして、

そして、その言葉の奥にある感情は、
もつれていても、

ちゃんと理解されて、受けとめられたと感じたら、
じわじわと、少しずつほどけていく。

そして、

気がかりがほどけたら、
もっと奥に潜んでいた本当の気持ちが、
ゆっくりと現れてきて、
ようやく、また一歩、前に進もうと思える。



ケルティックムーンのコルカノンのパスタ

コルカノンは、野菜の旨味がギュっと詰まった濃厚なマッシュポテト、みたい。
アイルランドの家庭料理だそう。

ジャガイモ好きにはたまらない美味しさ♪♪♪



*****

惑星ノートCalender
太陽と木星がかさなります☆更新しました☆

惑星ノート

ケルティックムーンでタロット占い


おとといの夜は、国立のケルティックムーンさんでタロット占い♪

ケルティックムーンは、大きなソファが置かれていて、ますます居心地の良い空間になってた☆



ご飯も美味しい



来てくださった方からいただいたお花
キレイ♪ ありがとうございます!



来てくださったみなさま、
ありがとうございました。
お会いできてうれしかったです。


★また来月の第4木曜日、6月26日にもいたします(^^)、よかったらお越しください。
詳細はこちら→惑星ノート


*****

「雑誌によってわたしの星座がちがうのはなぜ?」
にお答えしたコラム書きました(^_-)

くにたちハッピースポット

ケルティックムーンでタロット占い


昨日の夜は、国立のカフェ、ケルティックムーン(食べログ)でタロット占い。

来てくださったかた、ありがとうございました。

「いまは何かするよりも、ゆっくり過ごして、心を解放してね」
というメッセージが多かった気がする。

新しい自分になる。
その前の整理をしている感じ。

たとえ同じことをするにしても、受けとめかたが変わっていっている時期かもしれない。


夜のケルティックムーン、すこし暗めの照明とゆったりした雰囲気が素敵。
お料理やパンケーキも美味しい♪

タロットナイト☆(仮)
次回は5月22日(木)夜の予定です(^.^)



*****

HP:惑星ノート

歌舞伎町GOLDEN EGG


お友だちが誘ってくれて、今夜はLIVE&BARゴールデンエッグでタロット占い。

ミュージシャンの方のLIVEのあとに、太極拳の演武、フラ、そしてヒーリングタイム、というイベント。

今日よく出たカードは、ワンドの2 「もう進む準備はできている」

胸のうちに秘めている何かを、形にしようとしている人たち。
自分と重ねてみえるところもある。
そうなんだよな〜っと色々考えた。
いい時間だったな。





黒 + 白

 

私はタロットのリーディングのとき、カードの持つキーワードや、その場でのタロットの印象から出てくるイメージのほかに、

その方がカードの絵のなかで気になるモチーフや、なんとなく引っかかる部分、を手がかりにして、その奥にある感情や意識を探っていく。

このカード、”自分の内面をみつめる、直感を大切にする、胸に秘めた想い”、などという意味がある。

または、”「黒と白」など両極にあるものの対立、比較”、などをあらわす場合も。



先日のリーディングのとき、このカードがなんとなく気になる、ということだったので、どこが引っかかるのかを尋ねたところ、

黒 + 白 = カラフルな豊かさ(女教皇の後ろにある布からの連想)

という答えが返ってきて、とてもおもしろいな、と思った。


『黒か白か、というところで窮屈に考えるのではなく、黒と白、両極に思えるものをうまく混ぜ合わせて、カラフル=豊かな可能性をつくりだす。』

これが、このリーディングの問いにピタッとはまる答えだった。


”+” は、女教皇が身につけている十字架なのだけど、これが足し算のプラスだと、彼女の目には映った。
それが彼女の心の奥底にあった答えだったってこと。


なんだかこの答えは、今の私の気持ちにもピッタリあてはまる。

黒か白か、でなくて、両方を生かせるもっとちがう可能性を探ってみるのもおもしろい。

似たようなテーマが目の前にやってくるもんだな、とあらためて思う。

 

進め



今日はピークアブ―(地図)でタロット占い。

ここは、占いに興味がなかった人が、面白がって受けてくれることが多い。

今日のおひとりもそんな感じ。


一度目にひいた、3枚のカードをつかう占いの重要なポイントにこのカードが出た。

ワンドのエース、「思い切って進め!」



そのあと、「補足するメッセージがありますか?」、と質問して1枚ひいていただいたら、

またこのカードがでた(゜o゜)

はい、分かりました!、という感じ 笑


それでひいた方も驚いて、タロット面白い!!と言ってくださりました。

そうなんです、だからホントにやめられない。





3日、あっもう今日ですね(^.^)、

国立でタロット占いブースをしてます。
私のタロット講座を受けてくださった素敵なお二人が占います。

国立は天下市というお祭りの真っ最中。とっても盛大だそうです。
ぜひ合わせてお立ち寄りください(*^_^*)

場所:ダイニングbarだまだま(HP mapあり)
 ※JR国立駅の南口を出て、大学通りの左側モスバーガーの角を左折して少々歩いたところ。

時間:11時半〜17時

料金:10分−500円 + お店のメニューから一品ご注文ください。drink350円〜


夜9時50分には新月。
タロット占いをして、本当の望みをみつけてみませんか??

そして、新月になった後に願い事をするのがオススメです。



つづけること



昨日は”良くわかるタロット講座”大アルカナ編。

大アルカナ22枚それぞれの意味をふまえた上で、そのカードにかかわる自分自身の感覚を言葉にする。

ちがうカードを通しても、今おかれている状況を連想させる言葉がポンポンでてくるので、分かりやすい。

表現のしかたも、それぞれの方の個性にあわせて豊かで、胸に響き、参考になることがたくさんあった。(kimieさんのブログ)

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

企画・運営のマリンカさん(ブログ)、いつも丁寧にありがとうございます。



このタロット講座は全部で3回。

星科プログラムは全部で6回。

コースが終わったあとも、月にいちど気軽につづけられるようなワークショップをしましょう!とも計画中。


月に1回のカフェ占いでも、定期的にタロット占いを受けてくださる方もいらっしゃり、少しずつ変わっていくところ、変わらない安定したところ、とよく見えてきて興味深い。

占星術のリーディングもそうだけれど、1回きりで終わるのではなく、
つづけて自分と向き合う時間を定期的にもつ、
そして、そこに関わる、というのが私は好きだな、とあらためて思う。



良く分かるタロット講座 実践編

__.JPG
昨日は、良く分かるタロット講座、実践編。

3回にわたりつづいた講座の最終日。


覚えたカードの意味を手掛かりに、そのとき引いたカードが教えてくれるメッセージを読みとる。

現状とカードのつながりを、心と体を通して感じながら、深い意味をさぐっていく。

それがみなさん自然にできていたので、

交代で占い合ったあと、それぞれの方が納得し、スッキリとした表情にかわっていくのが印象的だった。



月にいちど、落ち着いて心をひらいて語り合える時間をもてることは、とても大切だったな、と感じている。

全員がそう言葉にしていたこともうれしい。


ご参加くださったみなさま、企画・運営のマリンカさん、3か月間ありがとうございました☆
これからもよろしくお願いいたします(^^)


毎日のタロット


毎朝1枚タロットカードをひいて、

夜にその日の出来事と照らし合わせてふりかえる。

毎日できなくてもそれでよくて、ゆるやかに続けている。


そんなふうにふりかえっていると、たとえばちょっとしたすぐに流してしまうような日常的な体験のなかにも、さまざまな形で今の状況が映し出されているんだな、と思う。

うれしくないカードが出たとき、その象徴があらわす何かが自分のなかにあるのかな…と考えてみて、気持ちを切り替えてみることもある。

分かりやすい出来事が起こって、「ああ、このことだったんだ!」とぴたりと意味があてはまったときは、なぞなぞみたいで面白い。